SSH事業

本校は2019年度SSH新規指定校として採択されました。

SSH事業とは文部科学省が将来にわたり日本が科学技術分野で世界をけん引するための科学技術系人材育成のために、先進的な理数教育を実施している学校を指定し、その活動の推進をするとともに将来的には高校の理数教育の開発に役立てるというものです。

 本校のSSHの核【DAYS-program】

本校のSSHの核となるのが「意欲的な若手研究者の育成(Developing Ambitious Young Scientists)のためのプログラム」【DAYS-program】です。 このプログラムはGS科の新規学校設定科目「GSⅠ・Ⅱ・Ⅲ」(予定)を含め、シアトル研修などGS科の行事と連動させた「GS-days」,これに普通科理系・自然科学系部活動の生徒たちを巻き込んだ「SEIZE-days」(Science & Engineering for Idealization & Zealous Engagement),さらに一般生徒・保護者・地域住民や近隣の教育関係者まで幅広く広げた「OPEN-days」(Opportunities of Parents, Educators & Neighbors)という3段構えのプログラムです。

 研究開発課題名

 新たな価値を創出し、社会を牽引する科学技術系人材育成のためのクロスカリキュラムと評価法の開発

 研究開発の目的

 生徒の主体的・対話的・協働的な活動をより重視した探究活動を展開することで新たな価値を創出し社会を牽引する科学技術系人材を育成する。

【事業概念図】
31宝塚北SSH概念図.jpg
クリックで事業概念図のページに移動します