交通アクセス    サイトマップ    お問い合わせ

 3学期終業式 3/23

3学期終業式あいさつ  校歌斉唱
  3学期終業式では三谷校長先生のあいさつの後、校歌斉唱がありました。
 終業式後に田中指導部長より、 「校内だけでなく校外の地域の方々にもしっかりと
 あいさつが出来る高南生になろう」というお話がありました。
生徒指導部長講話 近畿大会報告会

 その後、剣道部女子の近畿大会報告会(新人戦団体県3位で近畿大会出場、近畿大会では
予選で1勝1敗で敗退)があり、第35回JSBA全日本スノーボード選手権大会スロープスタイル
第2位の1年の井上さんと第18回全国社会人クラブ対抗バドミントン大会団体優勝の野村先生の
表彰式が行われました。
 
 
スノボ全国第2位おめでとう  バドミントン全国優勝おめでとう 

 最後に3月末で退職される三谷校長先生へ生徒会による感謝状の贈呈式を行い、
高南生と教職員全員による「ありがとうございました」の感謝の言葉を校長先生へ贈りました。
 今までありがとうございました  感謝状の贈呈


 平成29年度生徒総会、福祉体験発表会 3/20(火)

   生徒会が年間の行事計画(1学期:対面式、部活紹介、文化祭、球技大会 2学期:体育大会 3学期:卒業記念品贈呈式、卒業記念新聞発行、球技大会)を説明しました。 
 その後、平成29年度の生徒会収支決算報告と平成30年度生徒会収支予定を行い、さらに各委員会での取り組みを発表しました。

 続いて、福祉体験発表会を実施しました。
 @「気仙沼ボランティアの活動を通して」(剣道部)
 A「ボランティア活動を通して」(生徒会、ボランティア部)
 B「オーストラリア語学研修」(西オーストラリア語学研修参加者)
@気仙沼ボランティア Aボランティア Aボランティア 
B 語学研修  感謝状贈呈  講評
  ボランティア部にエコキャップ活動に対しての感謝状が送られ、最後に三谷校長先生に講評をいただきました。

 複数志願選抜入試 合格発表 3/19(月)

 
   朝は小雨が降っていましたが天候も回復し、複数志願選抜入試の合格発表が
 本校で午前10時から12時にかけて行われました。


 コスモス賞・皆勤賞 授与式、卒業記念品贈呈式、生徒会・PTA記念品贈呈式
 卒業式予行 2/27(火)

 2月27日(火)、高砂南高校36回生のコスモス賞授与式、皆勤賞授与式、卒業記念品贈呈式、生徒会・PTA記念品贈呈式及び卒業式予行が行われました。
  コスモス賞は全国総合文化祭に出場した書道部の2名と3年間ボランティア活動(街頭募金)に取り組んだ生徒1名に授与されました。 
コスモス賞授与

 皆勤賞は26名の生徒に贈られました。3年間よく頑張りました。
 続いて、卒業記念品授与式、生徒会及びPTA記念品贈呈式が行われました。
 卒業記念品は36回生より学校にテントを贈呈していただきました。
皆勤賞授与 卒業記念品贈呈

 生徒会・PTA記念品としてタンブラー・印鑑を36回生に贈りました。
 最後に卒業式予行が行われました。 卒業式に備えて、しっかり練習しました。
生徒会・PTA記念品授与 呼名練習


 南溟会入会式 2/27

   
  一同、起立 南溟会会長挨拶  
   本日2限に36回生の『南溟会』(同窓会)への入会式が行われました。
大崎南溟会会長の挨拶の後、役員紹介・第36回生の学級幹事の紹介がありました。
 その後、入会記念品が会長より、36回生へ渡されました。
   
  学級幹事の紹介  入会記念品授与  



 特色選抜入試 合格発表 2/20(火)

 
   先日行われました特色選抜入試の結果が発表されました。
 今回の特色選抜入試は96名が受検し、40名が合格しました。
 おめでとうございます。4月より高南生として頑張ってください。


 生徒朝礼 2/9

   
   「最高の卒業式に」 「 心が変われば…人生が変わる」  
   生徒朝礼が行われました。校長先生が「今月末の卒業式は最高の卒業式にしていきましょう。厳粛な態度と大きな声で校歌を歌って、3年生を送りだしましょう」と話をされました。
 続いて、教頭先生が国民栄誉賞を受賞した松井秀喜氏が星稜高校時代に野球部の山下監督からおくられた名言「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わる、人格が変われば運命が変わる、運命が変われば人生が変わる」という言葉とともに、その具体例として新聞の投書欄の『「5秒以内に行動」を目標に』を紹介されました。
 次に生徒指導部長の田中先生が「学校は生徒が作る。防寒着の着用、制服の着方などはTPOを考慮しておくこと。」と話をされました。
 最後に表彰伝達式が行われました。書道部、写真部、男子バドミントン部、女子バドミントン部が表彰されました。
   
  「 学校は生徒が作る」  頑張った高南生に拍手  



「ネット被害防止教育講演会」 2/7

 6限に兵庫県警察本部サイバー犯罪対策課の本田 英理 警部補に来ていただきネット被害防止教育について講演をしていただきました。
 兵庫県警察本部サイバー犯罪対策課はサイバー空間の脅威から県民を守るための警察組織で、悪質なサイバー犯罪を取り締まるとともにサイバー犯罪から身を守る対処能力をつけるための防犯教室の開催を行っています。
 今回のネット被害防止教育講演会では
 ・情報モラルからSNS、セキュリティまで
 ・トラブル事例と被害や加害防止のヒント
 を講演していただきました。
 生徒のみならず職員にも大変参考になるすばらしい講演会でした。
サイバー犯罪について詳しく知りたい方は
兵庫県警察本部サイバー犯罪対策課のサイバー防犯通信
ぜひ見てください。その中のインターネットのお約束「あひルのおやコ」
も参考にしてください。 


 3学期始業式 1/9

 3学期始業式では三谷校長先生よりお話(3学期始業式あいさつ)がありました。
 校歌斉唱 田中先生よりお話
 生徒指導部長の田中先生が「今年も高砂南高校にとって良い年でありますように、良い事ばかりではないが、少しでも前に進みましょう。」と話をされました。最後に、冬休み中に活躍した書道部の報告(第1回高等学校書道パフォーマンスグランプリ兵庫県大会で優勝)があり、高南生は拍手で書道部の健闘をお祝いしました。

 2学期終業式 12/22

校長講話  校歌斉唱 生徒指導部長講話
  2学期終業式では三谷校長先生よりお話(2学期終業式あいさつ)がありました。さらに、生徒指導部長の田中先生が「先日のワックス掛けの後、教室から出された机・椅子を二人の生徒が残って教室に戻していた。クラスメイトに対する思いやりの気持ちを持って行動している。他にも高南には、思いやりの気持ちを持って行動している生徒は多くいる。これからも人の気持ちを考えて行動しよう。来年も高南生にとって良い年でありますように。」と話されました。
クリアファイルデザイン
作成者に感謝状贈呈式
女子剣道部に
メダル授与
 男子バドミントン部の
健闘に拍手
 その後、クリアファイルデザイン作成者に感謝状贈呈式があり、表彰伝達式では女子剣道部、男子バドミントン部、女子バドミントン部、文芸部、書道部がそれぞれ表彰されました。また校内読書感想文コンクールの表彰とビブリオバトルの優勝者の表彰がありました。
女子バドミントン部表彰 文芸部表彰 書道部表彰
 校内読書感想文コンクールの表彰 ビブリオバトルの優勝者の表彰

 芸術鑑賞会 「古典芸能 狂言」 12/15

狂言ワークショップ
  高砂市文化会館において、三宅狂言会の古典芸能 狂言を観劇しました。
 三宅狂言会は人間国宝の三宅右近さんを中心とした和泉流狂言会です。
 三谷校長の挨拶の後、下記のプログラムで上演されました。
 プログラムは 1、狂言解説(狂言の歴史、能との違い、舞台の特徴の説明)
          2、狂言「蝸牛」
            〜休憩〜
          3、狂言ワークショップ(生徒代表5名と中村・高田先生が参加)
          4、狂言「棒縛」
 狂言ワークショップでは生徒代表と両先生の頑張りによって大変盛り上がりました。
 ほとんどの高南生が狂言を見るのは初めてでしたが、「蝸牛」も「棒縛」も大変面白い
 狂言で生徒・職員・保護者とも大笑いしていました。
 13時30分から1時間半があっという間に過ぎました。
 最後に生徒代表から花束を贈呈しました。 
学校長挨拶 狂言解説
狂言「蝸牛」
 狂言「棒縛」
生徒代表から花束贈呈 三宅右矩さん挨拶
  

 2017年11月24日 「人権教育講演会」

  講師 一般社団法人 日本LGBT協会 代表理事 清水 展人 氏
  演題  「自分らしく生きる 〜性別違和を乗り越えて〜」
 性的マイノリティ(少数者)とは、同性愛や性別に違和感を覚える人々のことをいいます。 現在の社会のなかで「異性を愛するのが当然」「性別は男と女しかいない」という「これが普通」「こうあるべき」 だと思われている「性のあり方」に当てはまらない人たちのことを、まとめて指す総称のことです。
 性的マイノリティとは  どれぐらいいるのか(正解は13人に1人)
 私たちは、誰もが、自分らしく生きることができる社会を目指しています。人と人との違いや多様性を認め合うことは 、全ての人の幸せに繋がります。そのために、まずは「知る」ことが大切です。悩みを抱えている人々の状況はまだまだ深刻です。 一人で悩ませない社会、カミングアウトや相談のしやすい環境づくりが今、求められています。
 男らしい女らしいより自分らしい生き方を

     

 2017年11月11日 鶴林園訪問

 11月11日(土)の午後、鶴林園を訪問しました。
交流は高南の甲子園出場の際に千羽鶴を頂いたことに始まり、今年で33回目だそうです。今回、高南からは生徒会,吹奏楽部,ボランティア部の生徒が交流会に参加しました。
 対面式での生徒会長挨拶,花束贈呈の後、吹奏楽部の演奏会が開かれました。
演奏会では吹奏楽部員と顧問の吉田先生歌唱で「きよしのズンドコ節」やジャズのスタンダードナンバー「ムーンライトセレナード」などが演奏されました。
 その後はホール中央にスペースをつくり、フォークダンス(ジェンカ・マイムマイム)を行いました。
 最後に校長先生の挨拶と園よりお礼の挨拶があり、交流会を終えました。
入居者の方がホールを出られる時には、高南より贈呈のミカンを一人ずつ手渡しでプレゼントしました。

 生徒朝礼 11/10

   
   生徒朝礼が行われました。校長先生が高南生に講話をされました。
 続いて、生徒指導部長の田中先生が「ゴミを率先して拾ってくれる生徒も、体育館の
トイレのスリッパをきちんと並べてくれる生徒もいる。しかし一部だが、乱雑にスリッパを
扱う生徒もいる。他者の立場に立って、相手を思いやれる生徒になろう。また、そういう
先輩の小さな行いの積み重ねが、現在の落ちついた高南をつくった。」とお話をされました。
 最後に表彰伝達式が行われました。男子バドミントン部が表彰されました。
剣道部も東播大会で優秀な成績を残していますが、本日より県大会出場の為、
紹介のみされました。  
   
  男子バドミントン部は東播大会団体3位の表彰を受けました。  

 生徒朝礼 10/6

 
    生徒朝礼が行われました。校長先生が高南生に講話をされました。今週から3週間教育実習(養護)を行っている実習生(本校OB)の紹介があり、挨拶をされました。一生懸命に教育実習に取り組んでいます。
  続いて表彰伝達式が行われました。柔道部、陸上部、水泳部、写真部が表彰されました。
柔道部は個人種目で今回初めて東播大会優勝という結果を残しています。写真部も東播支部予選で特選1名、入選6名という結果を残しています。さらに近畿大会に男子バドミントン部、水泳部が出場します。 
 
   その後、生徒指導部長の田中先生が「部活動で過去に例を見ない素晴らしい実績を残している。今の在校生の頑張った結果であるが、過去の先輩たちの部活動の取り組みが積み重なったものでもある。」と話をされました。 

 体育大会プログラム完成 9/19

  第38回体育大会のプログラムが完成しました。
メインテーマは 『 威風堂々 
          〜誇り高き高南生〜 』です。
9月21日(木)に予行を
9月22日(金)に体育大会を行います。
≪雨天の場合は9月25日(月)≫
楽しみにしてください。
 

 2学期始業式 9/01

校長講話  校歌斉唱 生徒指導部長講話
  2学期始業式では三谷校長先生よりお話(2学期始業式あいさつ)がありました。さらに、生徒指導部長の田中先生が「近隣の住民の方々のご迷惑になることを考えて、自力での通学が原則だが保護者の方がやむをえず送迎に来られる場合は、校内まで入って駐停車してください。ただし駐車スペースに限りがありますので、無用な送迎は止めてください。」と話をされました。
女子剣道部表彰 男子バドミントン部表彰  男子バドミントン部、
女子剣道部の健闘に拍手
 最後に表彰伝達式で女子剣道部団体が県大会第5位で、男子バドミントン部ダブルスが東播大会優勝でそれぞれ表彰されました。

 1学期終業式 7/20

校長講話  校歌斉唱 生徒指導部長講話
  1学期終業式では三谷校長先生よりお話(1学期終業式あいさつ)がありました。さらに、生徒指導部長の田中先生が「校訓の自主自立の言葉のように自分で良く考えてから責任ある行動をしよう。他者に対する思いやりの気持ちを大切にしよう。登下校時には交通マナーを遵守しよう。」と話されました。
全国大会出場の書道部
河野さんに激励の拍手
剣道部近畿大会報告  男子バドミントン部、
写真部の健闘に拍手
 その後、書道部河野さん(全国大会出場)壮行会があり、近畿大会に出場した女子剣道部から「悔いのない試合が出来た。支えてくれた方ありがとう。試合だけでなく、募金活動も頑張りました。」と報告がありました。
旧生徒会離任の挨拶 旧生徒会に花束贈呈 新生徒会認証式
 表彰伝達式で男子バドミントン部、写真部がそれぞれ表彰されました。最後に生徒会の解任式と認証式がありました。

 高砂南高校スクールガイド完成 6/13

 高砂南高校の紹介の為の「Takasago Minami Senior High School School Guide 2017」を作成しました。
表紙 教育課程・文理探究類型 進路状況・部活動一覧 CAMPUS CALENDAR
 スクールガイドは4ページの冊子です。記事の内容は「表紙、教育課程、文理探究類型、
 在校生からのメッセージ、進路状況、部活動一覧、卒業生からのメッセージ、キャンパスカレンダー、
 及び学校周辺地図」です。

 生徒朝礼 6/9

 
    生徒朝礼が行われました。最初に今週から3週間(または2週間)で教育実習を行っている6名の実習生(本校OB)の紹介があり、1名が代表して挨拶をしました。6名とも一生懸命に教育実習に取り組んでいます。
 新在家教頭先生が高南生に講話をされました。「高砂南高校の生徒は勉学・部活・学校行事・ボランティア活動などすべての事に全力で取り組むすばらしい生徒である。」と言われました。さらに「Everything happens for the best! 」という英語の格言についてお話しされました。
 
   その後、生徒指導部長の田中先生が「総体で思ったような結果を残せなかったクラブも取り組んだ過程はすばらしいものがあった。」と話をされました。最後に表彰伝達式が行われました。陸上部と剣道部が表彰されました。

 生徒朝礼 5/1

 
    生徒朝礼が行われました。校長先生が高南生に講話をされました。目標達成表をぜひ
作ってみてくださいと言われました。
 その後、生徒指導部長の田中先生が「自分で夢を高く持ってそれに向かって頑張るように」と話をされました。
 
    続いて表彰伝達式が行われました。剣道部が表彰されました。(女子団体東播大会優勝、男子団体東播大会準優勝)


 38回生校外オリエンテーション事前指導 4/24

  7限に25日の校外オリエンテーションの事前指導を体育館にて実施しました。
 学年主任、副主任、学年団の先生から諸注意がありました。
  38回生(1年生)は晴天の場合は25日8時には本校グランドに集合完了です。
 雨天の場合は直接バス内に集合です。(8時20分にバス出発)
 時間を厳守して行動できるようにしてください。
      
  事前指導を始めます       学年主任挨拶
   
  松下先生より諸注意   吉田先生より諸注意

 離任式 4/11

 離任式では7名の先生方をお送りすることになりました。
それぞれの先生方から高砂南高校への熱い思いを聞き、さらに激励の
言葉もいただきました。
 高砂南高校の為に尽くされた先生方、ありがとうございました。

 
 

 対面式 4/11

 上級生の温かい拍手とまなざしのもと、新入生を迎えました。
 生徒会長より歓迎の言葉が述べられた後、新入生代表からも挨拶の言葉がありました。
 また、吹奏楽部による心のこもった歓迎演奏も行われ、非常に和やかな対面式となりました。

 
 

 始業式 4/10

 新3年生・新2年生となって迎えた始業式では三谷校長先生が1学期始業式あいさつを話されました。
 その後、各部の部長や学年団の紹介がありました。
 さらに生徒指導部長の田中先生が「よい結果を残すためには、行動を変えよう。行動を変えるためには
 発想を変えよう」と言われました。
      
  三谷校長あいさつ       校歌斉唱
   
  部長や学年団の紹介   生徒指導部長講話

 着任式 4/10

  新在家教頭先生始め、9名の先生方をお迎えしての着任式を行いました。
 身も心も引き締めて迎えた平成29年度のスタートとなりました。
 校長より着任者紹介
 
着任者代表挨拶(新在家教頭)
生徒代表の歓迎の言葉