交通アクセス    サイトマップ    お問い合わせ

 野球部

      目標:甲子園   目的:人格形成
  高砂南高校野球部は2017年 7月より新チーム結成、目標を2度目の甲子園出場、目的を人格の形成(一人の独立、自立した人間に成長し周囲に認められる事とその存在)におき心・体・技の向上を目指し、日々練習に励んでいます。
 ○現在の部員数:  2年生12名(含マネージャー2名) 1年生 9名
           上記のとおり21名の部員で活動しています。
 ○中学生の皆さんへ:本校野球部は明るく、元気で向上心がある生徒を求めています。技量の良否にかかわらず努力を惜しまず、3年間の活動を継続できる生徒なら大歓迎です。
 本校野球部は生活面の指導や躾も怠りなく、人格の形成に向けた活動をおこなっています。多くの中学生諸君と保護者の皆様の来校を期待しています。            

                             野球部 部長 :M田 浩二
                             野球部 監督 :柴ア雄一郎
                             野球部 副部長:鍵本 宙希


 主な活動 ・戦績 など

 第55回選抜高等学校野球大会 出場
   平成19年度 秋季県大会 出場   平成21年度 秋季県大会 出場
   平成23年度 春季県大会 出場   平成30年度 秋季県大会 出場
   令和元年度  秋季県大会 出場



 現在の活動状況  


  NO 31  2019年 11月5日
 現チームの戦績
   練習試合 28勝19敗1分(11月5日現在)

   公式戦  秋季播淡地区大会1回戦 VS 松陽 0−1 ●
        秋季播淡地区大会敗者復活戦1回戦 VS 多可・相生学院 7−0 ○
        秋季播淡地区大会敗者復活戦2回戦 VS 洲本 9−0 ○
        秋季播淡地区大会代表決定戦 VS 加古川西 2−1○
        秋季県大会 VS 関西学院 0−10 ●

   親善試合 東播西地区1回戦 VS 松陽  14−2 ○
        東播西地区2回戦 VS 白陵  11−0 ○
        東播西地区準決勝 VS 加古川南 5−2 ○
        東播西地区決勝  VS 東播磨  9−4 ○
          以上の結果より、東播西地区代表として播淡地区トーナメントに進出決定
        播淡地区準決勝  VS 明石   8−6 ○
        播淡地区決勝   VS 小野   1−3 ● 
 体育祭で野球部が元気一杯で部活動行進をしている様子です。


  NO 30  2019年 3月11日
 2019年 新しい年 新しい目標 春季大会へ
 2019年が始まり、1月4日より練習開始、昨年より新しく取り入れたリズムトレーニング、ビジョントレーニング等を始め、色々と新しい取り組みがなされています。また技術向上に必要な基本練習の継続、短時間で集中しローテーションで進める効率の良い練習内容等、グラウンド全体に動きが感じられます。さらにチームの中に多くのコミュニケーションが生まれ、相互理解と協調性が育ちつつある事を実感します。さらに生徒独自の発案で役割分担を決め早々に各自が自覚と責任を持って活動しています。一月から三月の開幕(抽選会:3月4日)まで、本当に早く経過しました。厳しい冬の練習を乗り越え、やるべき事をしっかりと確認し個々の能力を伸ばすことが実感できています。今後は大会に向けて一日を大切にして競争と協調の中でチーム力を養ってほしいものです。

       1月13日(日)3年生 送別会
 1月13日(日)12:00より同窓会館において37回生の送別会が行われました。100回記念大会を戦った学年であり記念すべき年であったと回想されます。最後の試合の事、記憶に残る試合、たくさんの苦しい事、楽しかった時間の事など、2年と4ヶ月の凝縮した話が聞けました。
 保護者の皆様においても多くの支援、応援、協力、理解を頂き、改めて現場を預かる者としても多いに感謝する次第であります。これからの進路実現と将来での活躍が期待されます。また「高砂南高校のグラウンド」は君たちがいつでも帰ってくることができる唯一の場所、空間です。後輩に元気な姿を見せ、励ましの言葉を送ってほしく思います。随所での活躍、発展を念じます。

          春季大会開幕
 対戦相手:高砂高校   日時:3月30日(土) 13:00  於:淡路佐野球場
以上のように対戦が決まりました。初戦必勝で最大限の調整、準備を行い公式戦に備えるべきです。幸いにも今年の冬季練習ではインフルエンザによる影響はあったものの大きな故障、負傷、病気等がなく順調にチーム力が向上しています。関係者の応援、よろしくお願いします。

      練習試合解禁 徳島遠征
 3月9日(土)〜10(日)、1日目は数年前に数回甲子園に出場した小松島高校との対戦。2日目は毎年定期戦として試合をしている伝統校の徳島商業、また選抜出場の智弁和歌山高校との対戦です。小松島高校との対戦は投手力、守備力の向上と走塁面の積極性がみられた試合でした。さらに投手陣の成長も明らかです。打撃の対応力においてのみ課題がみられましたがこれからの練習試合で身につけてほしいものです。チームの目指す方向性が見られ、感じられた試合であったとおもいます。さらに細部までの徹低と継続により春を経過して集大成の夏に備えたいものです。
 2日目は雨の中での試合でした。降雨のためコールドゲームで試合が中止されました。途中終了で残念ですが強豪といわれるチームとの対戦で試合前から「いつも対等」という意識を植え付けてほしいものです。これからも多くの対戦がありますがまずは「気持ちの準備」から試合に入ることを大切にすべきです。
 今回の画像は年間を通じて実践している基本練習、また実戦練習やトレーニング。さらに主将を中心にしたミーティングはいつも行われます。遠征の画像も入れました。これらの画像から昨年秋から明らかに成長して一体感をもつチームに変化した姿を実感します。

 NO 1からNO 29まではホームページの掲載容量が
 足りなくなったため、掲載をやめております。申し訳ありません。