教育委員会事務局体育保健課 
  保健安全担当  

がん教育について

 

 がんは国民の2人に1人がかかり、死因も第1位である重要な健康課題ですが、予防により発症や進展を抑えることができることがわかっています。そのため、学校教育活動全体の中で、がんに対する正しい知識、がん患者への正しい理解、自他の健康と命の大切さに対する認識の深化を図るとともに、がん予防や早期発見につながる行動変容を促すことを目的として、がん教育を推進しています。 

 県教育委員会では、「がん教育に関する協議会」を設置し、学校教育活動全体での推進と、発達段階に応じた指導を行うため、今後のがん教育のあり方について検討しています。中でも、がんに関する科学的根拠に基づいた理解をねらいとした場合は、専門的な内容を含むため、学校医、学校専門医など、医療従事者による指導が、健康や命の大切さをねらいとした場合は、がん患者やがん経験者などによる指導がより効果的です。そのためには、外部講師を活用したがん教育が考えられます。その際、学校が主体となって企画・運営を行い、教員と十分な連携のもと外部講師を活用したがん教育を実施できるよう、がん教育に関する協議会において、文部科学省作成「がん教育推進のための教材」を編集し、発達段階を踏まえた外部講師向けスライド教材を作成しました。

がん教育及びスライド一覧について
 
小学校向けスライド
 中学校向けスライド
 高等学校向けスライド

 がん教育に携わる教職員・外部講師を対象とした研修会(令和2年12月10日実施予定)

 
【関係サイト】   

○健康福祉部感染症等対策室疾病対策課

○文部科学省 がん教育

○厚生労働省 がん対策情報

   
  
   All Rights Reserved,Copyright(C) 2011 Hyogo Prefectural Board of Education
〒650-8567 神戸市中央区下山手5丁目10番1号
TEL (078)362-3789 FAX(078)362-3959
E-mail taiikuhokenka@pref.hyogo.lg.jp