国際ビジネス科

TOP > 学科紹介 > 国際ビジネス科について > 授業・実習風景

授業・実習風景

ビジネス実務

「ビジネス実務」では、ビジネスの諸活動を円滑に行う能力と態度を身につけることができます。ビジネスマナーの基礎と実習を行います。

 

マーケティング

 消費者が商品を買うまでの行動や意識などを調べて、新しい商品を開発したり、値段を決めたりする仕組みなどが学べます。

国際ビジネス科マーケティング

 

商品開発

 淡路島の「衣」「食」「住」に注目し、淡路に関連した商品の開発を目指しています。

 

  一学期は生徒を4チームに分けて、淡路の特産物を使い「ご当地絶品うまいもん甲子園」にエントリーすることにしました。下の写真は各チームが作った料理4作品です。
 下記の④の淡路島の宝石箱が第1次審査合格の通知を頂き、近畿ブロック代表(選抜4校のうちの1校)に選ばれました。 突然の朗報で、生徒も先生方も驚いておりますが、8月18日大阪ガス「ハグミュージアム」にて、2次審査があります。30分で調理、プレゼンテーションの課題がありますが、全国に向けて頑張ります。 

①国生みあんかけロール(わかめを包んだ淡路ビーフに、淡路の野菜のあんかけ)

②淡路島のわか団さん~ヘルシーボール~わかめを練り込んだ団子のお吸物

③玉グラ~淡路島の宝箱を開けるのはあなたです~玉ねぎの器に、淡路島牛乳のホワイトソースで仕上げました。

④淡路の真珠(玉ねぎ・ちりめん・淡路ビーフの春巻き包み揚げ) ←こちらの料理が近畿ブロック代表に選ばれました。

 

ビジネス経済応用

 社会生活に欠かせない経済のしくみを詳しく勉強します。『景気』や『経済成長』、『国際経済』や『金融政策』などニュースに出てくる言葉がたくさん学べます。また、自分で会社をつくる『起業』についても勉強できます。新聞記事を基にして、プレゼンテーションを行いました。スライドショーの一例です。

地域経済

 地域経済では、地元である淡路島について学び、地域貢献できる商品の開発を目指し、調査研究を含めた実践学習をしています。
今年度、「ご当地絶品うまいもん甲子園」に挑戦します。まず、淡路島の郷土料理「ちょぼ汁」を実習しました。苦手という生徒もいましたが、この実習を通して、「甘くしたら?」など、斬新なアイデアが出ました。締め切り6月30日!!どんなアイデアメニューが完成するか、生徒に託したいと思います。