インスパイア・ハイスクール事業


教材開発・授業実践報告
新指導要領「生物基礎」に対応した生徒実習
ウズラ初期胚の心拍数


 本校ではインスパイア・ハイスクール事業の一環として、「Newの培養法によるウズラ胚の観察」の教材化・授業実践に取り組んできています。今年度は、実践のさらなる充実を図ると共に、新たな発想でより広い単元にこの手法を利用して教材化していくことにもチャレンジしています。そのひとつとして、生徒実習「ウズラ初期胚の心拍数〜アドレナリン・アセチルコリンの作用〜」を実践しました。

@ 9月7日(水)1時間目 3年文系生物T(3−1)     37名
A 9月7日(水)4時間目 3年理系選択生物T・化学T    14名
いずれのクラスも、直前の授業1時間を使って事前学習を行った上で、実習を行いました。

     


教材化の経過報告・実習の方法・授業実践報告について詳しくはこちらをどうぞ