須磨東
理科 実験教材の広場


2年「生物」探究活動
 
「コハク酸脱水素酵素の性質とはたらき」発表会
   3月10日(火)2・3限 2クラス合同で実施


2年理系生物では、2学期半ばから酵素の性質とはたらきについての探究活動を行っています。
11月に基本の実験を実施したあと、班ごとにテーマを決め、実験の計画を立て、準備を行い、
2学期末の12月15日に本実験を行いました。(本実験のようすはこちら

3学期は各自が作成したレポートをもとに、班ごとに論議し、考察を深めながら、
発表用スライドの「絵コンテ」を作成していきました。
レポートで考察して分かっていたつもりでも、適切に説明しようとすると、言葉足らずになったり、
実は良く理解できていなかったと気づいたり、班員の間で考えが異なっていたりして、思いのほか苦労します。
今年度はこの段階になって、どうしても調べたいことが生じて、追加の実験を行った班もありました。
でき上がったスライドをチェックし、発表原稿を作成、役割分担や練習をして、発表会当日を迎えました。
発表は2クラス合同で、理系生物選択者全員が一堂に会して行いました。

各班の発表テーマはこちら    取り組んだ生徒の感想はこちら   探究活動の概要についてはこちら


発表前日の授業   班ごとに念入りに打ち合わせをしています
 

発表当日
  


 10班どの班の発表もよく準備されており、聞き応えのあるものになっていて、聴衆全員がメモを取りながら熱心に聞き入っていました。

各班発表後の質疑では見に来てくださった先生方だけでなく、生徒の中から鋭い質問が出ていたこと、また、
それに自分たちの理解の中でしっかり答えていたことなど、主体的に取り組んできたことが表れていました。

今年度は期待した結果が得られなかった班もいくつかあったのですが、苦労しながら自分たちの手で進めてきたことについて、仲間にしっかりと伝えようとする姿勢が印象的でした。