トピックス 平成26年度

合格者発表(再募集)が行われました。

 
3月27日、入学者選抜(再募集)の合格者発表が行われました。8名の合格者が、自分の受検番号を確認し、笑顔で喜びあっていました。

3学期終業式・表彰式が行われました。


 
3月23日、終業式と表彰式が行われました。表彰式では、柔道部で近畿大会に出場した3名、バドミントン部で県大会3位に入賞した3名、みかしほ賞(皆勤・部活動やボランティア活動などの功績によって授与される学校表彰)銀賞に3名、銅賞に9名が表彰されました。

合格者発表が行われました。


3月19日、入学者選抜の合格者発表が行われました。72名の合格者が、自分の受検番号を確認し、笑顔で喜びあっていました。

第64回卒業証書授与式が行われました。




2月25日、卒業証書授与式が行われました。4年生16名(男子11名、女子5名)と3年生(3修制での卒業)の27名(男子18名、女子9名)が、卒業証書を授与されました。様々な困難を乗り越えてこの日を迎えた卒業生は喜びを胸に、式典に臨みました。在校生やたくさんの保護者に見守られ、松陽高校定時制を巣立っていきました。皆さんの活躍を心から祈っています。

表彰式・卒業記念品目録贈呈式が行われました。

2月24日、全国高等学校定時制通信制教育振興会会長賞を3名が、みかしほ賞(皆勤・部活動やボランティア活動などの功績によって授与される学校表彰)の金賞に5名、銀賞に2名、銅賞に1名が、それぞれ表彰されました。
続いて、卒業生より卒業記念品の目録贈呈式、同窓会より卒業生への卒業記念品の贈呈が行われました。

高校生ふるさと貢献活動事業が行われました。


 
2月11日、今年度2回目の高校生ふるさと貢献活動事業(地域清掃)が行われました。今回も前回同様、多くの地域の方々が参加してくださいました。袋いっぱいにゴミを集めて、笑顔で帰ってくる生徒が大勢いました。
今回参加してくださった方、前回に続き参加してくださった方ご協力ありがとうございました。

震災行事・生徒総会・生徒会役員選挙が行われました。

  
1月14日、まず震災行事が行われました。阪神・淡路大震災から20年目を迎え、震災に対する心構えを確認し、黙祷を捧げました。続いて生徒会役員選挙が行われ、全員が信任されました。

3学期始業式が行われました。



1月8日、始業式が行われました。新年を迎え、新たな決意を持って目標に向かって突き進んでほしいと思います。特に卒業を目前に控えている生徒は、残りわずかな高校生活を有意義に過ごしてもらいたいと思います。

離任式が行われました。

 
12月24日、本校を去られる先生の挨拶がありました。

2学期終業式・表彰式が行われました。

  
12月24日、終業式と表彰式が行われました。表彰式では、全国高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会で厚生労働省職業能力開発局長賞を受賞した生徒に表彰状がわたされました。

人権映画鑑賞会が行われました。

12月15日、高砂福祉保健センターで人権映画鑑賞が行われました。ドキュメンタリー映画「With・・・若き女性美術作家の生涯」を鑑賞した後、映画制作監督の榛葉 健監督に「生きるとは何か」という演題でご講演を頂きました。映画の解説を通して生徒に感動を与えて頂きました。。

  

防災講話が行われました。

12月11日、防災講話が行われました。高砂市企画総務部危機管理室係長の川平 篤成氏
に「その姿勢が命を守る」という演題でご講演を頂きました。減災の方法について学ぶことができ、平時から準備できることを考える機会になりました。

松陽祭(ボウリング大会)が行われました。




11月20日、ニッケパークボウルでボウリングをしました。みんな一生懸命で、笑顔の溢れる、盛り上がった大会になりました。

保健講話が行われました。


 

11月19日、保健講話が行われました。元関東厚生局麻薬取締役部長 中川 孝行先生に「薬物乱用防止教育」について講演をしていただきました。薬物の怖さを画像を交え説明してくださったので、とてもわかりやすく、生徒も聞き入っていました。

体育大会が行われました。

体育大会 体育大会 体育大会
体育大会 体育大会 体育大会

10月1日、体育大会が行われました。四人五脚リレーから始まり、担任がアンカーとして参加する障害物競走、大縄跳び、ラグビードリブルリレー、綱引き、男女混合リレーの計6種目が実施されました。クラス対抗で、優勝目指して盛り上がりました。
【結果】優勝・・・2年A組   2位・・・3年B組   3位・・・3年A組

高校生ふるさと貢献活動事業が行われました。


   

   
9月20日、日頃お世話になっている地域のために学校周辺の清掃活動を行いました。地域の方々と共に汗を流しながら一生懸命取り組みました。この度、お手伝いしてくださった地域の方々、本当にありがとうございました。

生活体験発表東播磨・淡路地区大会が行われました。



9月13日、生活体験発表東播磨・淡路地区大会が行われました。校内予選を勝ち抜いた代表2名が出場し、堂々と発表をすることができました。結果は、1位を受賞し、10月に行われる県大会に出場します。

防災訓練が行われました。


    

9月8日、火災を想定した避難訓練と水消火器を使った訓練を行いました。この訓練をきっかけに防災への意識を高めたいと思います。

2学期始業式・表彰式が行われました。

     
9月1日、2学期始業式が行われました。始業式のあと、部活動関係の表彰がありました。全国大会において、柔道部は女子52Kg級第2位、陸上競技部は男子三段跳び第3位に輝きました。

藍染め体験


       

科学の祭典にボランティアとして参加しました。
 8月23日に県立東播磨生活創造センター(県加古川総合庁舎内)において、「青少年のための科学の祭典2014東はりま会場大会」が行われました。
 本校は「藍染め体験コーナー」を開設し、6名の生徒がボランティアとして参加し、幼児・児童に「藍染め」について説明し、「体験」のお手伝いをしました。

1学期終業式が行われました。


       

7月18日、1学期終業式、球技大会の表彰に引き続き、全国大会に出場する生徒に向けての壮行会が行われました。柔道・陸上競技で3名が兵庫県の代表として出場します。

球技大会が行われました。


     

7月16日、女子はドッジボール、男子はフットサルに分かれ、クラス対抗で競いました。クラス・学年を越えて、お互いの親睦を深めることができました。

生徒指導講演会が行われました。


     

7月15日、女子プロレスラーの救世忍者乱丸さんをお迎えし、生徒指導講演会を行いました。「夢をカタチに」というテーマで、自分の経験を交えて生徒たちにわかりやすいお話をしていただきました。

進路説明会が行われました。


    

7月14日、昨年に引き続き、様々な講師の先生方をお招きし、それぞれが興味のある職業について説明を聞きました。中には体験型の講座もあり、楽しみながら自分の進路を思い描くことができました。

生活体験発表が行われました。


      

6月25日、各クラスの代表者が、全校生徒を前に自分の生活体験の中から得られた糧について発表しました。8名とも堂々とした素晴らしい発表でした。1・2位の生徒は本校代表として、9月に行われる東播磨・淡路大会に出場します。

キャリア教育講演会が行われました。


    

6月9日、加古川公共職業安定所学卒部門の統括職業指導官である松井英樹氏が本校生徒に向けて講演してくださいました。「就職状況と企業の求める人物像」をテーマにしたわかりやすい説明は生徒に役立つ情報でした。

生徒総会が行われました。


4月23日、生徒総会が行われました。昨年度の行事・予算の報告と本年度の行事案・予算案の承認などが行われました。生徒会を中心に、一人ひとりが松陽高校定時制について、考える機会となりました。

対面式・部活動紹介が行われました。



新年度になって初めて全校生徒が集まった4月10日、対面式と部活動紹介が行われました。対面式では、新入生・上級生の代表がそれぞれスピーチを行いました。新入生代表スピーチからは初々しさを、上級生代表スピーチの「わからないことがあれば気軽に聞いてください。」という言葉からは頼もしさを感じることができました。また、部活動紹介では各部が勧誘を兼ねてそれぞれの良さをアピールしてくれました。各部とも今後の活躍を期待しています。

入学式が行われました。


 4月9日、第67回入学式が行われ、79名の入学が許可されました。大きな期待と不安を胸に体育館に集合した新入生は、厳粛な雰囲気の中、晴れて松陽高校定時制課程の仲間となりました。


着任式、始業式、離任式が行われました。


 4月8日、2年生から4年生の生徒が集まり、新しく着任された先生方の紹介、1学期始業式、本校を去られる先生方の挨拶がありました。