トピックス 平成23年度


みかしほ賞授与式・3学期終業式が行われました。

みかしほ賞授与式 終業式
3月23日、みかしほ賞授与式・3学期終業式が行われました。
みかしほ賞は部活動やボランティア活動・皆勤などの功績について授与されました。個々の頑張りを認められての受賞なので自信を持ち、来年度も受賞できるよう頑張ってもらいたいと思います。
終業式の校長先生の式辞の中で、元高校教師で現在僧侶の方の”挑戦”という詩を読んでくださいました。その詩から何事もすぐに諦めるのではなく積極的に取り組むことの大切さを教えられました。
明日から4月9日まで春休みに入ります。自分の健康や安全に気を配り、新学年への準備をしっかりとしてもらいたいと思います。

合格発表が行われました。

合格発表 合格発表
3月19日、一般入試の合格発表が行われました。合格者の番号が掲示され、その中から自分の番号を見つけて喜びを浮かべ、掲示板の前で写真を撮る姿が多数見られました。4月から始まる高校生活が有意義なものとなるようにして欲しいと思います。

高校生地域貢献事業が行われました。

通学路清掃 通学路清掃
3月3日、今年度2回目の高校生地域貢献事業が行われました。今回も前回同様、多くの地域の方々が参加してくださいました。袋いっぱいにゴミを集めて、笑顔で帰ってくる生徒が大勢いました。
今回参加してくださった方、前回に続き参加してくださった方ご協力ありがとうございました。

第61回卒業証書授与式が行われました。

卒業証書授与式 卒業証書授与式 卒業証書授与式
2月25日、卒業証書授与式が行われました。61回生(男子21名、女子20名)と3修制(3年で卒業する制度)の6名(男子3名、女子3名)が、笑顔で松陽高校定時制を巣立ちました。
卒業までに作り上げた絆と高校を卒業したという誇りを胸にこれからの人生を歩んで欲しいと思います。皆さんの活躍を心から祈っています。

生徒会役員選挙が行われました。

生徒会役員選挙 生徒会役員選挙 生徒会役員選挙
1月18日、生徒会役員選挙が行われました。9名の生徒が立候補し、全員が信任されました。演説で述べた個々の目標を胸に、松陽高校定時制が更に良くなるよう尽力してもらいたいと思います。
そして、任期満了となる平成23年度の生徒会のみなさんお疲れ様でした。球技大会や体育大会等行事の運営をはじめ、常に先頭に立って全校生徒を導いてくれました。本当にありがとう。

3学期始業式・表彰式が行われました。

始業式
1月11日、始業式が行われました。新年を迎え、新たな決意を持って目標に向かって突き進んでほしいと思います。特に卒業を目前に控えている生徒は、残りわずかな高校生活を有意義に過ごしてもらいたいと思います。

2学期終業式・球技大会表彰式が行われました。

終業式 終業式
12月22日、終業式と表彰式が行われました。1月10日までの少し長い冬休み、事故などに気をつけ有意義な時間を過ごしてもらいたいと思います。
球技大会表彰式では、チームの代表が賞状を受け取りました。全力で戦った結果を讃えられ、喜びに表情が緩んでいました。

オープンハイスクールが行われました。

オープンハイスクール
12月21日、来年度に進学を控えた中学生や保護者(合わせて約20名)がオープンハイスクールに参加してくれました。わずかな時間ではありましたが、学校の説明・体験授業・校内見学を通して松陽高校定時制の雰囲気を肌で感じてもらえたことと思います。

球技大会が行われました。

球技大会 球技大会
12月9日、1学期に台風のため中止となっていた球技大会が行われました。非常に寒かったのですが、全てのチームが優勝を目指して全力でプレーしていたため、とても熱い大会になりました。
【結果】
男子(フットサル):1位・・・1年B組 2位・・・1年A組 3位・・・3年A組
女子(ドッジボール):1位・・・4年B組 2位・・・2年B組

着任式が行われました。

着任式 着任式
12月1日、産休に入られる小笠原先生の代わりに来られた室屋先生の着任式が行われました。
【室屋先生より一言】
初めまして、小笠原先生の後任の室屋禎幸と申します。1年B組の副担任と1年生・4年生の国語の授業を担当します。宜しくお願い致します。
【小笠原先生より一言】
12月2日から産休に入らせていただきます。松陽高校に来て、まだ1年も経っていないのですが、生徒のみなさんと様々な場面で関わることができたことを嬉しく思います。仕事と勉強の両立は難しいと思いますが、今の経験を卒業後にも活かせるように、精一杯この松陽高校で学んでいってください。みなさんが、今以上にたくましく成長し、大きく羽ばたいていくことを願っています。

松陽祭が行われました。

松陽祭 松陽祭
11月21日,22日松陽祭が行われました。
21日は、高砂福祉保健センターで映画を鑑賞しました。生徒の鑑賞態度が非常に良く、スクリーンに映された映画に多くの生徒が見入っていました。
22日は、ニッケパークボールでボーリングをしました。なかなかピンが倒れず苦戦したようですが、みんな一生懸命で、笑顔の溢れる、盛り上がった大会になりました。
2日間だけではありましたが、定時制ならではの行事を楽しむことができたのではないでしょうか。

保健講話が行われました。

保健講話
11月17日、保健講話が行われました。「知ってびっくり、タバコの真実」と題し、薗はじめ先生に講演していただきました。タバコに犯された臓器やタバコが原因で発症する病気などを画像を交え説明してくださったので、とてもわかりやすく、生徒も聞き入っていました。
また、講話後のアンケートで、多くの生徒が「タバコの怖さを改めて知った」や「タバコを吸いたくない」「周りの人にもタバコを辞めてほしい」というような感想を書いており、とても良い勉強になったと思います。

修学旅行に行ってきました。

修学旅行
10月5日〜7日、沖縄に修学旅行に行ってきました。沖縄の文化に触れ、観光スポットを回り、海を満喫し、最高の3日間を過ごせたことでしょう。詳しくは こちら をご覧下さい。

就業体験事業(工場見学)が行われました。

就業体験事業 就業体験事業
10月6日、就業体験事業としてアサヒ飲料明石工場を見学しました。普段何気なく飲んでいる、サイダーやコーヒーなどが作られているところを間近で見ることができ、生徒たちも興味をそそられたことだと思います。このような経験をきっかけに、自分自身の目で見ることによって、様々なことを感じとってもらいたいと思います。

表彰式・着任式が行われました。

表彰式 着任式 着任式
10月3日、先日行われた生活体験発表の表彰式・養護教諭の先生の着任式が行われました。
表彰式は、9月18日に行われた生活体験発表東播磨・淡路地区大会で6位に入賞した生徒の表彰を行いました。6月の校内予選終了後から地区大会に向け努力してきた成果です。これからも、何事にも努力を惜しまず取り組んでいってもらいたいと思います。
10月12日より産休に入られる養護教諭の廣井先生の代わりに来られた増田先生の着任式を行いました。
新しい学校に慣れるには、時間がかかるかもしれませんが、共に松陽高校定時制を盛り上げていきたいと思います。
【増田先生より一言】
養護教諭の増田愛菜です。この春に大学を卒業し、4月から半年間、須磨友が丘高校に勤務していました。定時制での勤務は初めてなので緊張と不安でいっぱいなのですが、その反面、全日制とは違うカリキュラム・学校生活なので楽しみな気持ちもたくさんあります。早く学校に慣れ、生徒の皆さんといろいろ話をしたり、楽しい思い出をたくさん作っていきたいです。また、看護師の資格を持っているので、性や体の悩みなど看護の視点を活用しながら、皆さんのサポートをしていけるようにしたいです。これからよろしくお願い致します。
【廣井先生より一言】
この度、出産・育児のため、お休みをいただくことになりました。初めての妊娠・出産のため、戸惑うことも多々ありましたが、生徒の皆さんが優しい言葉をかけてくれたり、笑顔で私のお腹に挨拶をし、撫でてくれたことが本当に嬉しく、そしてありがたかったです。いつまでも優しい、人をいたわる気持ちを持った大人となり、幸せな人生を歩んでいって欲しいと心から願っています。本当にありがとうございました。

体育大会が行われました。

体育大会 体育大会 体育大会
9月28日、体育大会が行われ、クラス対抗形式で全6種目の競技を行いました。参加した生徒・教員全員が、全力で取り組んでいたので、とても熱く、盛り上がるものになりました。各競技が終わった後の生徒の顔は、汗と笑顔でいっぱいでした。
結果は、3位までに、4年生2クラスが入るという、4年生の貫禄・団結力を感じる大会となりました。
【結果】
    優勝・・・4年A組   2位・・・1年B組   3位・・・4年B組   4位・・・3年A組
    5位・・・・1年A組   6位・・・2年B組   7位・・・2年A組   8位・・・3年B組

生活体験発表東播磨・淡路地区大会が行われました。

生活体験発表東播大会 生活体験発表東播大会 生活体験発表東播大会
9月18日、生活体験発表東播磨・淡路地区大会が行われ、校内予選を勝ち抜いた2名が出場しました。緊張し硬くなっていた生徒たちも、自分の出番が来ると、前を向き堂々とした発表をしてくれました。惜しくも県大会出場は逃しましたが、6位に入賞するなど、この地区大会に向け練習してきた成果を存分に発揮してくれました。

東日本大震災復興ボランティア活動報告会が行われました。

復興ボランティア報告会 復興ボランティア報告会
9月14日、8月3日〜6日に実施された、東日本大震災復興ボランティア活動報告会が行われました。生徒2名が、DVDを交えつつ、現地の状況や活動内容を報告してくれました。その報告から、4日間の頑張りをうかがうことができました。
阪神淡路大震災を知らない生徒たちにとって、この東日本大震災は衝撃的な出来事の一つになったと思います。今回の発表でも話を聞く生徒の顔は真剣そのものでした。
この震災を忘れず、多くの人に伝えていくことが私たちの義務だと思います。
今回のボランティア活動報告会が、その第一歩になったのではないでしょうか。これからも、私たちにできることを考え、行動に移していきたいと思います。

2学期始業式が行われました。

始業式 始業式
9月1日、2学期始業式が行われました。充実した夏休みを過ごすことができたでしょうか?仕事に精を出した者、部活動に精を出した者、東日本大震災復興支援ボランティアに参加した者など、皆それぞれの夏休みを過ごしたことと思います。2学期には、様々な行事の他に、就職試験もあります。最後まで諦めず、何事も全力で頑張ってほしいと思います。

東日本大震災のボランティアに行ってきました。

復興ボランティア 復興ボランティア
8月3日〜6日、気仙沼で東日本大震災のボランティアを行いました。テレビを通じ何度も目にしていた被災地ですが、実際に足を踏み入れたことで、現地の状況、自然災害の恐さを改めて認識させられました。ボランティア活動では、暑い中汗を流しながら、参加者全員が一生懸命復興作業に取り組みました。短い期間でしたが、被災地復興の支援ができたのではないかと思います。被災された方々に1日でも早く笑顔が戻りますように、全校生徒・全職員一同心よりお祈りしています。
頑張ろう東北!頑張ろう日本!
※詳しくは こちら をご覧ください。

1学期終業式・表彰式が行われました。

終業式 表彰式
7月20日、1学期終業式・表彰式が行われました。終業式は、1学期の締めくくりということもあり、生徒たちも緊張した面持ちで話を聞いていました。表彰式では、各部活動で大会に入賞した生徒が壇上に立ち、校長先生から表彰状を受け取りました。その後、全国大会に出場する生徒に向けての壮行会が行われました。先生方や在校生から激励の言葉をいただき、全国大会への決意と活躍を誓いました。

進路説明会が行われました。

進路説明会 進路説明会 進路説明会
7月15日、専門学校や短期大学などから先生方を招き進路説明会が行われました。自分たちが学びたいこと・興味のあることについて専門家から話を聞くことができ、有意義な時間を過ごせたことと思います。また、体験学習もあり、現場の知識を楽しみながら学ぶことができました。今回の進路説明会を通して自分たちの卒業後の道をより身近に感じることができたのではないでしょうか。

防災訓練が行われました。

防災訓練 防災訓練 防災訓練
7月14日、防災訓練が行われました。高砂消防署の協力を得て、火災を想定した避難訓練と水消火器を使った訓練をさせていただきました。この訓練をきっかけに防災への意識を高めて欲しいと思います。

高校生地域貢献事業が行われました。

通学路清掃 通学路清掃 通学路清掃
7月9日、日頃お世話になっている地域のために学校周辺の清掃活動を行いました。非常に暑かったのですが、地域の方々と共に汗を流しながら一生懸命取り組んでいました。時々掛けていただく「ご苦労様」や「ありがとう、頑張って」という声に励まされた生徒も多かったことでしょう。
この度、お手伝いしてくださった地域の方々、本当にありがとうございました。

県大会に出場しました。

県大会 県大会
運動部が県大会に出場しました。試合前、緊張した面持ちだった選手たちも日頃の練習で培った自信を胸に正々堂々とプレーしました。下記が大健闘の結果です。
【結果】
6月11日バドミントン部・・・女子個人で3位と5位に入り団体の兵庫県代表として全国大会出場権獲得
  12日柔道部・・・女子が個人、団体とも3位入賞 男子が個人ベスト8
  18日陸上競技部・・・男子200m、400mで2位に入り4×100mリレー、4×400mリレーと併せて全国大会出場権獲得
           男子800メートル個人で8位に入賞し近畿大会出場権獲得
  19日ソフトテニス部・・・ベスト8

東日本大震災へのボランティア参加が決まりました。

ボランティア ボランティア
6月24日、東日本大震災へのボランティアの参加が決まり、事前学習ということで校長先生が宮城県気仙沼の話をしてくださいました。校長先生が実際に訪問され、撮ってこられた写真は地震の恐ろしさを物語っていました。私たちにとってはがれきの山でも被災者の方々にとっては思い出の山であるという言葉は生徒の心にも響いたと思います。
8月3日〜6日の日程で行ってまいりますが、被災者の方々の生活が少しでも改善され被災地が早く復興できますようボランティア全員で力を合わせたいと思います。

生活体験発表が行われました。

生活体験発表 生活体験発表 生活体験発表
6月24日、各クラスの代表者が、全校生徒を前に自分のことをテーマに書いた作文を発表しました。クラス代表として発表した8名の生徒は、全校生徒を前にしても非常に落ち着いており、その姿はとても堂々と見えました。生徒の姿が一回りも二回りも大きく見えた一日でした。

キャリア教育講演会が行われました。

キャリア教育講演会 キャリア教育講演会
6月15日、本校の進路開拓支援員で元企業の採用担当である佐藤さんが本校生徒に向けて講演してくださいました。卒業後の進路実現をテーマにした実りあるお話は生徒にとってプラスになったことでしょう。来年の春、この松陽高校定時制を卒業する生徒たちにはぜひ自らの進路を勝ち取って欲しいと思います。

異文化理解教育が行われました。

異文化理解教育
6月9日、異文化理解教育が行われました。神戸旧居留地の歴史について事前学習したあと、実際に歩いて回りました。この地から、流入した異文化が日本に与えた影響の大きさを理解できたものと思います。

生徒指導講話が行われました。

生徒指導講話 生徒指導講話
5月18日、生徒たちにとって一番身近な自転車の交通ルールなどについて警察の方が話してくださいました。今回の話を胸に交通ルールを守り、安全で事故のないようにしてもらいたいと思います。

生徒総会が行われました。

生徒総会 生徒総会
4月27日、生徒総会が行われました。生徒会を中心に生徒一人一人が自分たちの歌謡学校について一生懸命考えました。ここにいる228名の生徒が今後どのように学校を作っていくのが非常に楽しみです。

個人面談が行われました。

個人面談 個人面談
4月15日〜26日、個人面談が行われました。面倒見一番を目指す松陽高校にとって個人面談は欠かすことのできない重要なイベントの一つです。
この面談を通して生徒一人一人をより理解し、生徒の夢の実現への支援ができたらという思いで取り組んでいます。

対面式・部活動紹介が行われました。

対面式 対面式 部活動紹介
新年度になって初めて松陽高校定時制の生徒がみんな集まった4月12日、対面式と部活動紹介が行われました。対面式では、新入生・上級生の代表がそれぞれスピーチを行いました。新入生代表スピーチからは初々しさを、上級生代表スピーチの「わからないことがあれば気軽に聞いてください。」という言葉からは頼もしさを感じることができました。また、部活動紹介では各部が勧誘を兼ねてそれぞれのよさをアピールしてくれました。各部とも今後の活躍を期待しています。

入学式が行われました。

入学式 入学式
4月8日、第64回入学式が行われ、新しく79名が加わりました。天候はあいにくでしたが、これから始まる学校生活に胸を膨らませる生徒の顔は晴れ晴れとしたものでした。79名の新入生がどのように成長していくのか非常に楽しみです。

生徒会による募金活動が行われました。

募金活動
平成23年4月7日、松陽高校定時制生徒会が東日本大震災の募金活動を行いました。わざわざ足を止め、たくさんの方が募金に協力してくださいました。
生徒たちにとって震災に遭われた方たちに協力できる喜びと人の温かさを感じる一日となりました。本日はありがとうございました。
※今回、集まった募金は東日本大震災兵庫県募集委員会を通して被災地へと送り、復興のために使わせて頂きます。