HOME>>在校生へ>>臨時休業・警報発令時について
臨時休業について

三田祥雲館高校における臨時休業の扱いは以下の通りです。

(1)警報発令時の臨時休業について

Ⅰ 定期考査以外の日 
  午前7時現在、「三田市」に「暴風、暴風雪、大雨、洪水、大雪」のいずれかの警報が発令中の場合は、自宅に待機し、午前10時現在なお警報が継続発令中の場合は臨時休業とする。ただし、午前10時までに警報が解除された場合は第5校時以降の授業を行う
  「三田市」以外で、居住している地域に警報が出ている場合、または通学途中で通過する地域に警報が出ている場合には、該当の生徒は自宅待機とし、公欠として扱う。
Ⅱ 定期考査の日
  午前7時現在、別表(1)のいずれかの市・町に「暴風、暴風雪、大雨、洪水、大雪」のいずれかの警報が発令中の場合は、臨時休業とする。
  定期考査中に臨時休業になった日の試験は、試験最終日の翌日(授業を行う日)に実施する。課題考査の日もこれに準ずる。

気象警報・注意報:兵庫県(気象庁ホームページへ)


  別表(1)
定期考査の日に
臨時休業とする
気象警報の市、町
(平成29年度)
 三田市、神戸市、西宮市、宝塚市、
 篠山市、丹波市、加東市、三木市、
 伊丹市、尼崎市、川西市、猪名川町

(2)交通機関のストライキ等による臨時休業について

 午前7時現在神戸電鉄、神姫バス、JRのいずれかが交通スト続行中の場合は
 自宅に待機し、午前10時現在なお、交通ストが続行中の場合は臨時休業とする。
 ただし、 午前10時までに交通ストが解除された場合は第5校時以降の授業を行う

 ・神戸電鉄ホームページへ
 ・神姫バスホームページへ
 ・JR西日本ホームページへ


(3)【感染症の予防】に関する事項による臨時休業について

 学校保健安全法第20条(旧学校保健法第13条)【感染症の予防】に関する事項による場合は、臨時休業とする。


(4)その他

 その他、急迫の事情があり、校長が必要と認めた場合、臨時休業とする。