感染症の出席停止期間(学校保健 安全法施行規則第18条,2012年4月改正)について関係分

種類 病名  出席停止期間の基準 
第一種
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘瘡、南米出血熱、ペスト、
マールブルグ熱、ラッサ熱、感染症ポリオ、ジフテリア、
重症急性呼吸器症候群(病原体がSARS(サーズ)コロナウイルスであるものに限る)
鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであっては
その血清亜型がH5N1であるものに限る)

*上記の他、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症


完全に治癒するまで

種類
病名
出席停止期間の基準



インフルエンザ 発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日を経過するまで
※鳥インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザ等感染症を除く
百日咳
特有の咳が消失するまで、または五日間の適正な抗菌薬療法が終了するま で
麻疹
解熱した後二日を経過するまで
流行性耳下腺炎
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が始まった後五日を経過し、かつ、全身 状態が良好となるまで
風疹
発疹が消失するまで
水痘
すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱
主要症状が消退した後二日を経過するまで
結核
症状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎
症状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで
*ただし、症状によ り学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではない。

種類
病名
出席停止の基準
第三種
コ レラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、 流行性角結膜炎、急感染症性出血性結膜炎その他の感染症
*この他に条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる疾患として、溶連菌感染症、ウイルス 性肝炎、手足口病、伝染性紅斑(りんご病)、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症、流行性嘔吐下痢症、アタマジラミ、水いぼ(伝染性軟疣腫)、伝染性膿 痂疹(とびひ)

・病状により学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めるま で