[ 本文へ ]

兵庫県教育委員会  

 

更新日:平成29年4月14日

県立美術館・博物館等応援プロジェクト



  プロジェクト一覧(クリックすると各施設のホームページへ繋がります。)

兵庫県立美術館 芸術の秋 県美プレミアム(コレクション)展の無料開放事業

 当館では、国内外の彫刻・版画のほか、兵庫ゆかりの作家を中心とする日本の近現代美術のコレクションを展示しています。「県美プレミアム」と題したこの展覧会では、一年を3期に分けて、収蔵品によるテーマ展や、借用作品も加える小企画を開催しています。

夏から秋にかけての第Ⅱ期では、「美術の中のかたち―手で見る造形」と題した、障がいを持った方でも作品に触れながら美術を楽しんで頂ける小企画や、「新収蔵作品展」と題した新たにコレクションに加わった作品を中心にご紹介する展示を毎年開催しており、幅広い来館者に芸術の魅力を楽しんで頂ける機会を数多く提供しています。

ふるさとひょうご寄附金を活用して、芸術の秋の一定期間、県美プレミアム展を無料開放する日を設定するとともに、美術鑑賞方法等をテーマにした講演会を実施して、より一層多くの方々に美術鑑賞機会を提供します。

 ご寄附頂いた方への特典
  ・ご寄附いただいた後の特別展開会式、内覧会へペアご招待(当日出席できない場合は後日観覧可能)
  ・講演会(美術鑑賞の手引き(仮))への優先ご招待
  ・開催中の特別展展覧会図録の贈呈(5万円以上の寄附のみ)



歴史博物館 着付け体験事業

当館では昭和58年の開館以来、十二単及び甲冑の着付け体験を無料で実施しています。日本古来の伝統的な装束に直接触れることができる貴重な体験型事業として、長年多くの入館者に喜ばれてきました。また、近年のインバウンド需要に伴い、多くの外国人観光客に非常に喜ばれ、日本文化の発信に大きく寄与しています着付け体験で使用する十二単は高額かつデリケートな取扱いを要する絹製品で製作されています。そのため使用による経年劣化が進みやすいことから、ふるさとひょうご寄附金により十二単の更新を行ないます。

 

 ご寄附頂いた方への特典
  特別展図録の進呈(5万円以上の寄附のみ)



人と自然の博物館 「ひとはくKidsキャラバン」応援プロジェクト

 移動博物館車「ゆめはく」が、化石・昆虫・植物等の資料を伴って、博物館へ来館が困難な県内の幼稚園・保育所を訪問し、ふしぎなもの、美しいものに直接触れる特別の体験を提供することで、幼少時から地域を愛する心を育みます。
 ふるさとひょうご寄附金を、「ゆめはく」の運行や、大型昆虫模型等の制作費、プロジェクト協力者への謝金、旅費に活用します。

            

ご寄附頂いた方への特典
 ・ひとはくのホームページにて、寄附者氏名を掲載(希望者のみ)
 ・「ゆめはく」にて寄附者氏名を掲示したパネルを展示(希望者のみ)
 ・広報誌「ハーモニー」をご寄付いただいてから1年間送付
 ・幼稚園・保育所などの学校・保育施設にキャラバンの訪問を実施(10万円以上の寄附のみ)



考古博物館 大中遺跡・弥生のムラ復原プロジェクト 

竪穴住居の修復・整備を行い、大中遺跡のあった弥生時代の暮らしや文化を体験するイベントを実施します。
ふるさとひょうご寄附金を、竪穴住居の修復、整備に必要な物品の購入や、イベント実施のための経費に活用します。

ご寄附頂いた方への特典(1万円以上の寄附のみ)
 ・ご寄附いただいてから翌年度末までに開催する特別展開会式・内覧会へのご招待 
 ・考古博物館年間パスポートの進呈
 ・考古博オリジナルグッズの贈呈





県立図書館所蔵資料充実事業

県立図書館では、ひょうごのことは何でもわかる「ふるさとひょうご何でも図書館」を目指して、兵庫県に関するあらゆる資料を可能な限り収集し、良好な状態で保存し、後世に残しつつ有効に活用する取組みを行っています。ふるさとひょうご寄附金を活用して、貴重な「ふるさとひょうごの資料」を購入し、郷土資料を充実します。また、郷土資料の保存・有効活用として県立図書館が所蔵する昭和40~50年代に兵庫県が県民への広報を目的に製作したふるさとの祭り等の映像フィルムをデジタル化します。

   

ご寄附頂いた方への特典


 ご寄付いただいてから平成313月までの間、図書館主催の講座等の事業に優先してご参加いただけます。また、ご希望の日に、「図書館司書1日体験」をしていただけます。

横尾忠則現代美術館~開館5周年モニュメント制作事業~

横尾忠則現代美術館は、兵庫県西脇市出身で国際的にも評価の高い美術家・横尾忠則氏を多彩な角度から紹介する企画展を開催しています。
 ふるさと寄附金を活用し、県立美術館のシンボル・美かえるとともに、美術館のランドマークとなるよう、横尾作品を立体化したモニュメントを出現させ、周辺地域の賑わいづくりを図ります。
多くの皆様からの心温まるご寄附をお待ちいたしております。

ご寄附いただいた方への特典

・展覧会(開会式・内覧会)へのご招待        ・横尾作品絵葉書進呈 
・公開制作・ライブ、トークショーへのご招待     ・美術館ニュースの送付  
10万円以上ご寄付いただいた方〕(上記に追加して)
・展覧会図録進呈・展覧会ポスター(B1サイズ)進呈



兵庫陶芸美術館~最古の登窯焼成公開事業

日本六古窯の一つ、800年の歴史を有する丹波焼の里(篠山市今田町)には、明治28年築窯の丹波焼「最古の登窯」(兵庫県有形民俗文化財指定)があります。震災や経年劣化で傷みが激しかった「最古の登窯」を2年間かけ、多くの人々の協力により修復しました。適切に保存していくためには、継続的に焼成することが必要です。
 今後は、ふるさと寄附金を活用し、ゴールデンウィーク中に開催される地域イベント“春ものがたり”の中心事業として「最古の登窯」を焼成し、登窯を保存するとともに、一般公開、体験等を行うことにより、丹波焼の里の活性化を図ります。


ご寄附いただいた方への特典

 ・展覧会(開会式・内覧会、講演会等へのご招待)
10万円以上ご寄付いただいた方〕(上記に追加して)
  ・最古の登窯で焼成した縁起の良い丹波焼湯呑み(ペア)
  ・展覧会図録の進呈




寄附申し出方法と窓口



寄附申出書はコチラ→ 寄附申出書

電子申請での寄附申し出はコチラ→  寄附申出

美術館
〒651-0073 
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
TEL.078-262-0901 
FAX 078-262-0903
MAIL 
Bijyutsukan@pref.hyogo.lg.jp 
 歴史博物館
〒670-0012 
姫路市本町68
TEL.079-288-9011 
FAX 079-288-9013
MAIL Rekishihakubutsu@pref.hyogo.lg.jp
 
人と自然の博物館
〒669-1546 
三田市弥生が丘6
TEL.079-559-2001 
FAX 079-559-2007
MAIL 
Shizenhakubutsu@pref.hyogo.lg.jp
考古博物館
〒675-0142 
加古郡播磨町大中1-1-1
TEL.079-437-5589 
FAX 079-437-5599
MAIL kokohakubutsukan@pref.hyogo.lg.jp 
図書館
〒673-0891 
明石市大明石町2-1-29
TEL.078-918-3366 
FAX 078-913-9229
MAIL 
Toshokan@pref.hyogo.lg.jp 
横尾忠則現代美術館
〒657-0837 
神戸市灘区原田通3-8-30
TEL.078-855-5602
FAX 078-806-3888

兵庫陶芸美術館
〒669-2135 
篠山市今田町上立杭4
TEL.079-597-3961 
FAX 079-597-3967
MAIL 
togei@pref.hyogo.lg.jp
 
教育委員会事務局社会教育課
〒650-8567 
神戸市中央区下山手通5-10-1
TEL.078-362-3781 
FAX 078-362-3927
MAIL syakaikyouikuka@pref.hyogo.lg.jp
企画県民部芸術文化課
〒650-8567 
神戸市中央区下山手通5-10-1
TEL.078-362-3153 
FAX 078-362-4260
MAIL geijutsubunkaka@pref.hyogo.lg.jp
 

[ このページのトップへ ]


兵庫県教育委員会事務局  〔 ホーム
兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1 (3号館)  電話 078-341-7711(代表)
Copyright © 1997 Hyogo Prefectural Board of Education