ごあいさつ


学校長 芦田 光巨
 

 兵庫県立星陵高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、昭和十六年に兵庫県立第四神戸中学校として創立しました。昭和二十三年四月に兵庫県立垂水高等学校と校名を改称し、同年九月兵庫県立第一神戸商業学校との統合により、新たに兵庫県立星陵高等学校として出発し、その後、商業科の分離独立などの変遷を経て現在に至っています。本校で学び、巣立っていった同窓生は二万九千人を超え、国内外を問わず、多方面で活躍しています。

  初代、中田光雄校長が掲げられた「品性と教養」「健康有能」「自主責任」「協力奉仕」を教育方針とし、自由闊達な校風の下、生徒たちは勉学、学校行事、部活動に積極的に取り組んでいます。

  平成16年度から設置した「生命科学類型」では、大学や専門機関と連携した自然科学系の実践授業や学校設定科目「探求」の学びを通して、将来医学・理学・工学・農学系統の研究を目指す人材を育成することとしています。

  国際交流の面では、タイ王国との相互交流を行い、国際的感覚を持った人材育成を図っています。

 今後も地域に愛され、中学生が進学したい、また、保護者の方もお子様を進学させたいと思っていただける学校づくりに教職員一丸となって邁進してまいりますのでより一層のご理解とご支援の程よろしくお願いいたします。