平成22年度実施教育課程(商業科)

学年  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 25 27 28 29 30
国語総合 世界史A 数学T 理科
総合A
体育 保健 芸術
選択
英語T ビジネス
基礎
簿記 情報処理
現代文 地歴
選択
数学A 生物T 体育 保健 英語U 家庭
基礎
会  計 C1選択 C2選択



現代文 現代
社会
教養
数学
体育 英語U 課題研究 総合実践 経済活動と法 ビジネス
情報
A選択 B選択

第2学年科目
 2年次では、商業科目は選択授業が中心になります。4単位必修の会計では「簿記検定1級合格」を、C1・C2選択では情報処理検定や商業経済検定2級合格を基本に授業を進めます。各クラス、教員1人あたり平均20名程度の少人数制授業により、細やかな個別指導を実施しています。多くの生徒が「1級合格」を目標にして、学習しています。



マーケティング
原価計算
情報処理



国際ビジネス
情報処理
プログラミング

平成22年度
課題研究(講座開設)
 大学のゼミ形式のように、1・2年次で学んだ知識をベースに自らがテーマに対して調査研究を行い大学教授や企業人の講演などを通して問題解決能力を身につけていくことを目標にしています。
講座名 内  容
経済
(国際経済)
(身近な経済)
(地域経済)

「経済」分かりやすく一言でいえば「モノ(物)」「ヒト(人)」「カネ(金)」のいずれかに関係するものについて、各自が課題を設定し、研究し、発表する。@日本経済新聞や一般紙を読む習慣をつけ、経済や企業経営に関する記事をレポートする。 Aプレゼンテーションの実施 B論文の作成
金   融
(ファイナンス)
日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ協会)の協力でファイナンシャルプランナーを講師に迎え、テキスト「10代から学ぶパーソナルファイナンス」を使って、金融についての調査・研究を行います。
販売士研究 販売士(高度な販売員としての知識を備えた店員)に必要な知識や技術について調査・研究を進めます。「ひょうごの達人:1級販売士」の指導を中心に@小売業の累計 Aマーチャンダイジング Bストアオペレーション Cマーケティング D販売・経営管理の五つの内容を学ぶ
総合実践
 商業の各分野(簿記会計・情報処理・ビジネス基礎)に関する知識と技術を高め、
企業人としての接遇・マナー教育を通じて、社会人としての資質を高めます。
 本校では、2つの実践室にLAN環境を整備し、2市場に分かれて企業活動(商品取引)をおこないます。
ノートPC20台を使用し、会計処理等すべてパソコンを使用して実践能力を高めます。
 将来的にWeb上で他県の高校と取り引きすることを目指しています。