ようこそ! 電気科へ
<平成28年度の主な活動>
 
☆平成29年1月19日   課題研究発表会を開催しました。
 <テーマ>
照明(A班、B班)
(癒しのあかりづくり)
スピーカ (A班、B班)
(自分だけの音づくり)
 
 ロボット(マイコンカー)
   (工業教育フェアへの出場)
 家電修理
  (電気技術を修理に生かす)
電気工事
 ( ものづくりコンテストへの出場)
 
風力発電
(エネルギー変換技術) 
   
   

☆平成28年12月26日  小学生電子工作教室を開催しました。
平成28年12月26日(月)9時から小学生電子工作教室を高校生ふるさと貢献事業の一環として開催し、近隣の岡野小学校、城北畑小学校合わせて11名の参加がありました。今回は「防災用LEDライトの製作」に挑戦してもらいました。製作の準備と当日の指導は電気研究部の2年生4名が担当しました。この体験によって、電気・電子系ものづくりの楽しさを味わってもらい、子どもたちの「将来の夢や希望づくり」の良いきっかけになればと願っています。
  
  

☆平成28年12月14日  出前工作教室を開催しました。
平成28年12月14日(水)13時30分から3年生の6名が篠山市立西紀南小学校に出向き、出前工作教室を開催しました。一般家庭で使用されている材料を使用して屋内配線工事の基礎を体験し、電気に関する興味・関心を高めてもらいました。
   

☆平成28年10月22日  文化祭で電気科の活動内容を展示しました。
平成28年10月22日(土)産高フェスティバル(文化祭)2日目が校内で開催され、電気科の活動内容を展示或いは実演しました。
  
  
  

☆平成28年5月27日    2年生が電設工業展を見学しました。  
平成28年5月27日(金)電気科2年生39名がインテックス大阪で開催されている電設工業展を見学し、電気設備工事に関する機器・資材・工具・施工技術などについて見聞を広めました。
 

☆平成28年5月2日     先輩を囲む会を開催しました。
平成28年5月2日(月) 10時40分から「先輩を囲む会」行いました。電気科を卒業し、社会人になっている先輩 11名を招き、進路選択を間近に控えた3年生34名に対して、就職後の現況や後輩へのアドバイスを語ってもらいました。先輩の話:『1に体力、2に体力が要求される。研修期間中に大声を出す訓練など徹底的に鍛え直される。職場で話しやすい人を見つけてコミュニケーションをスタートさせる。土日もレク・サークル活動等で先輩・同僚との付き合いがある。 etc
 
全体会  分散会

☆平成28年4月20日    3年生が境港発電所を見学しました。  
平成28年4月20日(水)電気科3年生34名が専門科目の学習の深化と職業選択の参考にするため、関西電力(株)のご協力を得て大阪府堺市の堺港発電所(PR館エルクールさかいこう、火力発電所、太陽光発電所)を見学しました。
  
  


<平成27年度の主な活動>
☆平成28年1月29日  第一種電気工事士試験に6名が合格しました。 
電気科2年生の6名が第一種電気工事士試験に合格しました。第一種電気工事士は一般家庭の電気工事はもちろん、工場、ビル、病院、学校などの公共施設の電気工事が行える電気工事に関する最上位ランクの国家資格です。夏休み期間中から12月初旬までに計32回の筆記試験対策、実技試験対策の補習を受け、難関の試験に合格しました。この資格を生かして就職・進学に役立て、また、電気主任技術者等の更に高度な資格に挑戦してほしいと期待します。

☆平成27年12月25日     小学生電子工作教室を開催しました。
平成27年12月25日(金)9時から電気科実習室において小学生電子工作教室を開催し、近隣の岡野小学校より7名、城北畑小学校より8名の計15名の参加がありました。今回は「フルカラーLED照明スタンドの製作」に挑戦してもらいました。製作の準備と当日の指導は電気研究部の1、2年生7名が担当しました。この体験によって、ものづくりの楽しさを味わってもらい、子どもたちの「将来の夢や希望づくり」の良いきっかけになればと願っています。
   

☆平成27年12月11日   篠山養護学校とロボット交流をしました。
平成27年12月11日(金)13時30分から篠山市立篠山養護学校において、電気科生徒4名が高等部の生徒16名とロボット交流をしました。今月の19日に行われる工業教育フェアロボット競技大会に出場する予定のリモコン式ロボット2台を使ってロボット操作を体験していただきました。ロボットの操作は初めての生徒が多く、最初は少し戸惑い気味でしたが、慣れてくると熱中し、笑顔が見られるようになり、和やかな交流会になりました。
    

☆平成27年12月2日  西紀南小学校で出前工作教室を開催しました。
平成27年12月2日(水)8時30分から電気科3年生の4名が篠山市立西紀南小学校に出向き、6年生17名に電気工事の基礎を教えました。電線やスイッチを使ってランプを点灯させる電気配線工事の実技指導をしました。この体験教室をとおして、小学生には電気に興味・関心をもってもらい、また、高校生には、コミュニケーション能力を高めるねらいで実施しました。
  
  

☆平成27年6月21日  電気研究部がマイクロ水力発電の現地調査を行いました。
平成27年6月21日(日)電気研究部生徒9名が大芋地区へ出向き、高校生マイクロ水力発電アイデアコンテスト篠山大会の第2回現地調査を行いました。各地区の自治会長、農業委員、篠山市地域おこし協力隊(神戸大学生)などの関係者も参加していただきました。そして、現地2箇所に設置する水路の測量、流量調査や地元自治会との打合せ・アイデア討論などを行いました。 関連記事についてはこちらをご覧ください。
 
 篠山市立金地区の農業用水路  篠山市藤坂地区の農業用水路
 
昨年、設置された水車   電気研究部のメンバー

☆平成27年4月30日                  「先輩を囲む会」を開催しました。
平成27年4月30日(木) 13時15分から電気科実習室で「先輩を囲む会」を行いました。電気科を卒業し、社会人になっている先輩 13名を招き、進路選択を間近に控えた3年生35名に対して、就職後の現況や後輩へのアドバイスを語ってもらい、進路選択・職業選択の際に大いに参考にしようとの企画で毎年、この時期に開催しています。今回、先輩のアドバイスで多かった指摘事項:@高校生活の全てがいろんな場面で役立っている。A職場での人間関係が大事B会社に入ってからも勉強C高校時代の遊びも大事。
 
全体会  分散会

平成27年4月23日 3年生が関西電力(株)の発電所等を見学しました。
平成27年4月23日(木)3年生35名が専門科目の学習の深化と職業選択の参考にするため、関西電力(株)のご協力を得て福井県の大飯発電所(エルパークおおいPR館)と原子力研修センターを見学しました。
 
 大飯発電所(エルパークおおいPR館)  原子力研修センター


<平成26年度の主な活動>
☆平成27年2月10日   第一種電気工事士試験に6名が合格しました。
 平成27年2月10日(火)15時30分から、今年度第一種電気工事士試験に合格した2年生6名の記者発表がありました。
 この試験は昨年10月(筆記)・12月(実技)と行われ、生徒は合格に向けて夏休みや2学期の放課後遅くまで補習に取り組んできました。


☆平成26年12月25日     小学生電子工作教室を開催しました。
平成26年12月25日(木)13時30分から電気科実習室において小学生電子工作教室を高校生ふるさと貢献事業の一環 として開催し、近隣の岡野小学校、城北畑小学校より計21名の参加がありました。今回は「 二足歩行ロボットの製作」に挑戦してもらいました。製作の準備と当日の指導は 電気科2年生の7名が担当しました。 この体験によって、ものづくりの楽しさを味わってもらい、子どもたちの「将来の夢や希望づくり」の良いきっかけになればと願っています。


☆平成26年8月1日    全国ソーラーラジコンカーコンテストに出場しました。
平成26年8月1日(金)、2日(土)石川県白山市で開かれた全国ソーラーラジコンカーコンテストに機械研究部と電気研究部が出場しました。電気研究部が製作し出場した「チカチュー」号は、1回戦で4周回もしましたが、他チームを上回ることが出来ず2回戦に進出できませんでした。次の敗者復活戦では、曇天のため振るわず敗退しました。しかし、後日、実行委員会から「敢闘賞」が送られてきました!そして、天候が良ければ走るソーラーカーを完成でき、来年に繋がる成果を得ました。 
  

☆平成26年7月19日     高校生ものづくりコンテストに出場しました。
平成26年7月19日(土)県立龍野北高校において「高校生ものづくりコンテスト兵庫県大会電気工事部門」が行われ、県内の工業高校から13名が出場し、本校の電気科からも1名が出場しました。結果は器具の破損というアクシデント等で入賞はできませんでしたが、コンテストという特別な雰囲気の中で時間内に課題を完成できたことは今後の自信につながったと思います。 

☆平成26年5月17日     若年者ものづくりコンテストに出場しました。
平成26年5月17日(土)県立尼崎工業高校において「若年者ものづくりコンテスト近畿大会兵庫県予選」が行われ、県内の工業高校から8校(8名)が出場し、本校の電気科からも1名が出場しました。結果はレセプタクルのキャップの付け忘れ等で上位入賞はできませんでしたが、短い練習期間にもかかわらず、コンテストという特別な雰囲気の中で課題を完成できたことは今後の自信につながったと思います。
  

☆平成26年5月1日                  「先輩を囲む会」を開催しました。
平成26年5月1日(木)13時15分から電気科実習室で「先輩を囲む会」を開催しました。本校の電気科を卒業し、社会人になっている先輩(12名)を招き、進路選択を間近に控えた3年生(39名)に対して、就職後の現況や後輩へのアドバイスを語ってもらい、進路選択・職業選択の際に大いに参考にしようとの企画で毎年、この時期に開催しています。
  


<平成25年度の主な活動>
☆平成26年1月26日     篠山市民センターまつりに参加しました。
平成26年1月26日(日)10時から第4回「篠山市民センターまつり」が開催され、盛りだくさんの催しがある中で、電気科は課題研究で製作したリモコン式ロボット(輪投げロボット)の実演を行い、篠山の子どもたちに楽しんでもらいました。
    

☆平成25年12月20日     小学生電子工作教室を開催しました。
平成25年12月20日(金)13時30分から電気科実習室において小学生電子工作教室を高校生ふるさと貢献事業の一環として開催し、近隣の岡野小学校より15名、城北畑小学校より5名の計20名の参加がありました。今回は「フルカラーLED照明スタンドの製作」に挑戦してもらいました。製作の準備と当日の指導は電気研究部の1年生4名と課題研究照明班の3年生3名が担当しました。この体験によって、ものづくりの楽しさを味わってもらい、子どもたちの「将来の夢や希望づくり」の良いきっかけになればと願っています。
    
    

☆平成25年12月19日   篠山養護学校とロボット交流会をしました。
平成25年12月19日(木)13時30分から篠山市立篠山養護学校において、3年課題研究ロボット班の生徒5名および1年2名(インターアクト部)が高等部の生徒16名とロボット交流会をしました。養護学校との交流は実に約10年ぶりになります。二班に分かれて、輪投げロボットと二足歩行ロボットの操作を体験していただきました。ロボットの操作は初めての生徒が多く、最初は少し戸惑い気味でしたが、慣れてくると熱中し、笑顔が見られるようになり、また、周りの声援もにぎやかになり、和やかな交流会になりました。
     
     

☆平成25年11月28日    大山小学校で電気工事の基礎を教えました。
平成25年11月28日(木)13時40分から、第一種および第二種電気工事士の国家資格を取得している3年生の4名が篠山市立大山小学校に出向き、6年生8名に電気工事の基礎を教えました。 電線やスイッチを使ってランプを点灯させる簡単な屋内配線工事の実技指導をしました。この取り組みは「小高連携ふるさと子ども体験教室」として実施しています。
    
    

☆平成25年7月15日  「高校生ものづくりコンテスト」で入賞しました。
平成25年7月15日(日)県立龍野北高等学校において開催された「高校生ものづくりコンテスト兵庫県大会電気工事部門」で、3年生のK.I君が出場し、3位に入賞しました。県内の工業高校から12校13名が出場し、与えられた電気工事の課題作品を時間内に完成し、その出来映えを競う競技が行われ、僅か数点の差で近畿大会への出場はなりませんでした。
   
    

☆平成25年5月2日                  「先輩を囲む会」を開催しました。
平成25年5月2日(木)13時15分から製図室で「先輩を囲む会」を開催しました。本校の電気科を卒業し、社会人になっている先輩(11名)を招き、進路選択を間近に控えた3年生(37名)に対して、就職後の現況や後輩へのアドバイスを語ってもらい、進路選択・職業選択の際に大いに参考にしようとの企画で毎年、この時期に開催しています。今年の電気科先輩が語ってくれた主なキーワードを列挙します。「率先して手を挙げる」、「体力・筋力トレーニング」、「メモを取る」、「漢字をしっかり」、「好奇心」、「自己PR」、「どんな質問にも答える」
   
   

☆平成25年4月24日      3年生が関西電力(株)の発電所を見学しました。
平成25年4月24日(水)3年生37名が専門科目の深化と職業選択の参考にするため、関西電力(株)のご協力を得て福井県のエル・パーク・おおい(PR館)、原子力発電所としては国内で唯一稼働中の大飯発電所および原子力研修センターを見学しました。
   
   

<平成24年度の主な活動>
☆平成25年1月31日   第一種電気工事士試験に7名が合格しました。
平成25年1月31日(木)12時50分から、今年度 第一種電気工事士試験に合格した生徒7名(2年生6名、3年生1名)の記者発表がありました。
電気工事のプロとして認められるこの国家資格に今年度は22名が挑戦しました。筆記試験対策の補習を夏休み中に10回、2学期に20回実施し、技能試験対策では”ひょうご匠の技探究事業”の特別非常勤講師として堀先生を招き13回の実技補習を実施しました。合格者たちは、入学当初からの熱い思いで挑戦し、合計約40回にも及ぶ補習を受講し、念願の「合格証書」を手に入れました。この試験に合格すると・・・電気技術者試験センター「電気工事士の資格と電気工作物の範囲」を参照ください。


☆平成24年12月21日     小学生電子工作教室を開催しました。
平成24年12月21日(金)13時30分から、小学生電子工作教室を高校生地域貢献事業の一環として開催し、近隣の城北小学校より5名、岡野小学校より8名の計13名の参加がありました。今回は「オルゴール付きLEDクリスマスツリーの製作」に挑戦してもらいました。製作の準備と当日の指導は電気研究部の生徒7名が担当しました。この体験によって、ものづくりの楽しさを味わってもらい、子どもたちの「将来の夢や希望づくり」の良いきっかけになればと願っています。
  
  

平成24年12月18、19日     外部講師を招いた授業を行いました。
平成24年12月18、19日の両日、電気科3年生を対象として、地元で活躍されている方々を外部講師としてお招きし、就職・進学後のあり様について意識を高める授業を行いました。
18日(火)−鹿肉料理店の経営者。農業経営者。19日(水)−インテリア会社経営者。薬品会社営業課長。
       
<先輩のアドバイス、要点抜粋>
☆『部活は大変良い経験になる。体力はもちろん、嫌な人とのコミュニケーションの取り方も知ることができる。』
☆『前向きな努力を続ける⇒いいことがある。』
☆『目標をもつ⇔自分で考える』
☆『自分が選んだ道ならやれる!』
☆『楽しみを持つこと!楽しみに向かってやったら、良いことがある。』

平成24年11月23日    第一種電気工事士技能試験に向けて頑張っています。
来る12月9日に行われる第一種電気工事士技能試験に向けて電気科2、3年生の8名が休日中も実技補習を受け、頑張っています。尚、実技補習の指導者として、本校の特別非常勤講師であり、兵庫電気工業組合丹有支部の堀さんを招いて行っています。電気工事のプロを目指して、これからの約2週間、特訓が続きます。

平成24年10月2日    第一種電気工事士筆記試験に向けて頑張っています。
  来る10月7日(日)に行われる第一種電気工事士試験(筆記試験)合格に向けて、2年生を中心に夏休みから継続して補習を受け、頑張っています。受験予定者数は2年生16名、3年生6名の計22名です。

平成24年9月6日        3年生が「たんば田園交響ホール」で
                                                   舞台照明の技術を学んでいます
平成24年9月6日(木)5,6校時、科目「課題研究」で舞台技術をテーマにしている3年生の3名が舞台照明の技術を学ぶため、「たんば田園交響ホール」に行きました。1回目の今回は、ホール内を見学しながら担当職員より装置と機材の説明を受けました。今後、ホール内で実技指導を受け、ピンスポットや調整卓等の技術を習得していく予定です。
   

平成24年8月13日                校内の高圧受電設備を見学しました。
平成24年8月13日(月)9時30分から定期点検のため受電停止中の校内の高圧受電設備を見学しました。見学者は来る10月7日に実施される第一種電工事士筆記試験の受験予定者で、高圧受電設備のシステムフローを座学で学習した後、実地見学をして理解を深める目的で行ないました。案内は本校の電気保安監督者であり、また、特別非常勤講師を務める藤森さんにお願いをしました。
    

平成24年7月17日       大山小学校で「小高連携出前授業」を行いました。
平成24年7月17日(火)13時15分から、電気科3年生5名が課題研究などで取り組んだ経験を生かして、篠山市立大山小学校で6年生13名を対象に「小高連携出前授業」を行いました。圧着工具やペンチ、ドライバーなどを使って、スイッチでパイロットランプを点灯する回路を生徒と児童が一緒になって作製しました。
    

平成24年5月30日          「電設工業展」を見学しました。   
平成24年5月30日(水)電気科3年生38名がインテックス大阪で開催されている「第60回電設工業展」を見学し、電気技術の見聞を広めました。尚、この見学会は(社)兵庫県電業協会から招待を受けて実現したものです。生徒たちは各展示ブースで説明を聞いたり、ミニ体験をしたり、数多くの記念品をもらったりして有意義な時間を過ごしました。
    
 会場入口で班分けの発表 メインゲートで記念撮影  各種防犯カメラのブース
    
 PC上でアンケートに回答 感電(ビリビリ)体験テスト 未来都市模型の前で

☆平成24年5月2日        「先輩を囲む会」を開催しました。  
平成24年5月2日(水)10時40分から電気科実習室で「先輩を囲む会」を開催しました。本校の電気科を卒業し、社会人になっている先輩(11名)を招き、進路選択を間近に控えた3年生(38名)に対して、就職後の現況や後輩へのアドバイスを語ってもらい、進路選択・職業選択の際に大いに役立てようとの企画で毎年、この時期に実施しています。殆どの先輩が口を揃えるように、就職試験に合格する重要ポイントは『部活動(特に運動部)』と『面接』であることを強調しました。 
  
  


<平成23年度の主な活動>
☆平成24年1月24日       第一種電気工事士試験に6名が合格しました。
平成24年1月24日(火)12時50分から、電気科実習棟において今年度 第一種電気工事士試験に合格した生徒6名(2年生3名、3年生3名)の記者発表がありました。
電気工事のプロとして認められるこの国家資格に今年度は14名が挑戦しました。筆記試験対策の補習を夏休み中に12回、2学期に15回実施し、技能試験対策では”ひょうご匠の技探究事業”の特別非常勤講師として堀先生を招き10回の補習を実施しました。昨年度の合格者数(9名)には及びませんでしたが、それぞれの合格者は、熱い思いで挑戦し、見事、「合格証書」を手に入れました。
 
    指導教員1名を含む合格者たち 

☆平成24年1月19日       課題研究発表会を開催しました。 
テーマ(課題)名
照明 マイコンカーの製作 スピーカの製作 .
家電修理 リモコン式ロボットの製作 電気工事
(ものづくりコンテスト)
新しい電気技術への挑戦
(エレベータ制御)
  
   

   

☆平成23年12月22日      小学生電子工作教室を開催しました。 
平成23年12月22日(木)13時30分から小学生電子工作教室を高校生地域貢献事業の一環として開催し、近隣の城北小学校より8名、岡野小学校より12名の計20名の参加がありました。今回は福島第一原子力発電所の大事故の影響で放射能が問題になっていることを背景に「手づくり放射線検出器の製作」というテーマで行い、電気研究部の10名が工作の実技指導をしました。この体験をとおして、ものづくりの楽しさを味わってもらうと同時に、新しい時代を担うエンジニアがこの丹波の地からも育ってくれることを願っています。
      

       

☆平成23年11月24日        大山小学校で「小高連携出前授業」を行いました。
平成23年11月24日(木)13時15分から、電気科3年生9名が課題研究などで取り組んだ経験を生かして、篠山市立大山小学校で6年生9名を対象に「小高連携出前授業」を行いました。圧着工具やペンチ、ドライバーなどを使って、スイッチで白熱電球を点灯する回路を生徒と児童がマンツーマンになって作製しました。実際に100ボルトのコンセントに接続して完成の喜びを味わってもらいました。
     

☆平成23年10月16日   工業教育フェア(ロボット競技)に出場しました。  
平成23年10月16日(日)第22回兵庫県高等学校工業教育フェアのリモコン式ロボット競技大会が神戸ハーバーランドビルのスペースシアターで開催され、電気科から”丹波龍 がおー”号が出場しました。出場ロボット総数は25台で、予選を勝ち抜き、ベスト16位に入りましたが、決勝トーナメント出場直前に機体トラブルが発生し、止む無く棄権しました。
         
         
             
                   
本校の展示ブースの様子(メリケンパーク会場)

☆平成23年5月2日        「先輩を囲む会」を開催しました。  
平成23年5月2日(月)10時40分から電気科製図室において、電気科恒例の「先輩を囲む会」を開催しました。10名の電気科卒業生が進路決定を間近に控えた3年生37名を前にして、就職・進学後の現況や後輩へのアドバイスを語ってくれました。
     <先輩のアドバイス等>抜粋
      ☆「目上の人との会話・言葉づかいにとても神経を使います。」
      ☆「部活の部長やリーダをやっていると、会社から一目置かれます。」
     ☆「在学中に資格をたくさん取ってください。」
     ☆「面接練習をしっかりやってください。」
      ☆「新入社員教育はとても厳しいです、大声を出す練習もあります。」etc


      

                                                                 会社での大声を披露!!
                
                                                             班に分かれて身近な話を・・・

 
        All Rights Reserved , Copyright(C) 2009 Hyogo Prefectural Sasayama Industrial Senior High School