活動記録

 ○丹波の森夢会議(2016.2.22)

丹波市立柏原住民センターにて丹波の森夢会議が行われました。ふるさと特産類型の2年生が参加し、地域資源で環境創造~竹チップで未来を変える~と題したプロジェクト発表を行いました。

 ○共生のひろば(2016.2.11)

兵庫県立人と自然の博物館において、日々の研究の展示発表会が行われ、篠山東雲高校も参加しました。

 ○みどり賞授賞式(2016.2.11)

先日の『ゆずりは賞』に続いて、今度は地元篠山市の『みどり賞』を授与いただきました。この賞は、篠山市の文化や教育分野で活躍がめざましい個人や団体に、その活動をたたえて授与されているもので、この日授与式があり代表生徒3名が贈呈を受けました。「地域と連携し地域と共に歩む開かれた学校づくり」を推進している篠山東雲高校にとっては、地元篠山市からこの賞をいただけることは、喜ばしいことこの上ない名誉あることです。ここ数年連続してこの賞をいただいており、この賞をいただく目標を持つことも、次の地元貢献研究活動につながっています。

 関連記事:2015.2.14(神戸新聞)

 ○ゆずりは賞授賞式(2016.2.9)

兵庫県において、学校教育や社会教育の分野で、多くの模範となるような立派な行為や有益な研究・発明をした個人や団体を表彰しその功績をたたえる『ゆずりは賞』を受賞しました。兵庫県公館において授賞式があり、代表生徒2名が贈呈を受けました。これは、先日のECO-1グランプリにおいて内閣総理大臣賞をいただいた、竹資源の再生利用の研究に対して、この輝かしい賞を頂戴しました。

 ○竹林伐採(2016.2.3)

この日、来年度から「ふるさと特産類型」に所属する新2年生を交えて、竹林伐採を行いました。

 ○山の芋カレー交流in村雲小学校(2016.1.28)

村雲小学校へ出向き、収穫した山の芋を使ったカレー作りを、小学校児童と一緒に行い、もちろん一緒に大変おいしくいただきました。

 ○門松づくり・販売(2015.12.19~2015.12.27)

放置された竹を再利用し、門松づくり・販売を行いました。今年も予約が殺到し、300セット用意しましたが完売しました。

 関連記事:2015.12.21(神戸新聞)

 関連記事:2015.12.27(読売新聞)

 ○ボランティアスピリット賞 全国表彰式(2015.12.23)

この賞は、青少年のボランティア活動を奨励するもので、12月23日に東京国際フォーラムホールにて全国表彰式があり、本校代表生徒が参加しその活動のプレゼンも兼ねて行ってきてくれました。本校の「山の芋グリーンカーテン普及活動」と「放置竹林の整備と伐採後の竹の再生利用の取り組み」を評価いただいたものです。

 ○みんなDE笑顔プロジェクト2015(2015.12.13)

全国農業協同組合中央会主催『全国高校生 みんなDE笑顔プロジェクト2015 全国大会』が東京農業大学世田谷キャンパスにて開催されました。篠山東雲高校も『地域資源で環境創造』をテーマに最終審査に臨み、『準優勝』に選ばれました。

 関連記事:2015.11.25(毎日新聞)

 ○第4回 eco-1グランプリ(2015.12.12)

『第4回 AEON eco-1グランプリ』が東京都千代田区で開催されました。このグランプリは、高校生が取り組むエコ活動の成果を発表する場であり、他校の取り組みを知ることで環境への意識をより高めることを目的に、公益財団法人イオンワンパーセントクラブが2012年より実施している環境啓発活動です。今年度は、全国各地から125校130件のエントリーがあり、篠山東雲高校も「地域資源で環境創造~竹チップで未来を変える~」と題した活動テーマを発表しました。今回、これらの活動成果が認められ、見事『内閣総理大臣賞』を受賞しました。

 関連記事:2015.11.25(毎日新聞)

 関連記事:2015.11.26(神戸新聞)

 関連記事:2015.12.13(毎日新聞)

 関連記事:2015.12.15(毎日新聞)

 関連記事:2015.12.17(丹波新聞)

 関連記事:2015.12.26(神戸新聞)

 関連記事:2015.12.26(読売新聞)

 ○窯出し作業(2015.11.29)

竹を使って焼成した窯から自分たちの作品を取り出す作業を行いました。良い色が出ていると、好評をいただきました。

 ○福住小での山の芋収穫(2015.11.26)

福住小学校の3年生8人とともに、山の芋の収穫とツルの片づけ作業を行いました。福住小が閉校となるため、このメンバーでは最後の交流でした。多紀小に統合しても、新しい友達とまたグリーンカーテンをやってみたい!という声もありました。

 ○竹を使った焼成実験(2015.11.23~11.24)

今回、兵庫陶芸美術館の協力のもと、特殊な機械で焼成中の登窯内の温度を測定する実験を行いました。また、一般的に焼成にはマキが利用されていますが、「竹」がその代替として有効であるかどうかを検証しました。窯出し作業は、11月29日に行います。

 ○第19回 ボランティア・スピリット賞(2015.11.23)

神戸コンベンションセンター神戸国際会議場で行われた「第19回 ボランティア・スピリット賞 関西ブロック表彰式&フォーラム」において、「ブロック賞」を受賞しました。山の芋グリーンカーテン活動、講演会、東北支援ボランティア、竹チップの有効活用など様々な取り組みを評価していただきました。

 関連記事:2015.11.22(丹波新聞)

 ○登窯火入れ式(2015.11.21)

現在、丹波立杭陶磁器協同組合が中心となって、「丹波焼最古の登窯復興と丹波焼の里活性化プロジェクト」が実施されています。この日、多くの復興支援サポーターによって修復された登窯で、初焼成が行われました。「火入れ式」では今田小学校生徒による「火おこし」、兵庫県知事・篠山市長による「火入れ」が行われ、伝統を受け継ぐ貴重な経験となりました。

 ○東北支援ボランティア(2015.11.14~11.15)

東北支援ボランティアに参加しました。1日目は前回訪れた南三陸町・岩沢仮設で山の芋の収穫・撤去作業を行いました。また、志津川高校を訪問し、生徒会の皆さん18名から学校紹介や震災の体験談を聞きながら、2時間の交流会を行いました。2日目は戸倉中学校仮設にて、山の芋の収穫・撤去作業を行いました。

 関連記事:2015.11.19(丹波新聞)

 関連記事:2015.11.22(丹波新聞)

 ○兵庫県民ボランタリー活動賞(2015.11.06)

兵庫県公館にて、兵庫県民ボランタリー活動賞をいただきました。

 ○坊ちゃん科学賞(2015.10.25)

東京理科大学主催『第7回 坊ちゃん科学賞 研究論文コンテスト(高校部門)発表会・表彰式』に参加しました。このコンテストは高校生を対象に、物理・化学・地学・数学・情報等・その他の分野での研 究論文を公募し、高校生の意欲に満ちた科学研究を広く推奨し、表彰するものです。全国各地から60校が参加し、153もの論文が提出されました。篠山東雲 高校・地域資源活用研究チームは『竹チップを利用した乾燥汚泥の堆肥化』と題した研究テーマを発表し、見事『優良入賞』に選ばれました。

 関連記事:2015.10.18(丹波新聞)

 関連記事:2015.11.17(神戸新聞)

 ○菌床実験(2015.10.18)

菌床の材料として米ぬか、竹チップ、酒かすを混合してヒラタケ栽培を実施しました。菌床栽培終了後は堆肥への活用を目指します。

 ○竹林伐採(2015.10.17)

地域と連携して放置竹林の伐採を行いました。この竹を、兵庫県立陶芸美術館の「登り窯」の燃料として再利用する計画です。

 関連記事:2015.09.27(丹波新聞)

 ○農林漁業祭(2015.10.17~10.18)

この日から2日間、明石公園内千畳芝にて、県の農林関係の各施設が集まる『農林漁業祭』に篠山東雲高校も参加しました。天気にも恵まれ、会場内は大賑わいとなりました。

 ○マイクロ水力発電コンテスト(2015.10.03)

篠山市大芋地区において、マイクロ水力発電コンテストが行われました。市内外から5チーム出場し、午前はそれぞれ特色のある水車を披露、午後からは大芋公民館でプロジェクト発表を行いました。東雲チームは放置竹林を活用した水車を作成し、見事『アイディア賞』を受賞しました。

 関連記事:2015.07.29(神戸新聞)

 関連記事:2015.10.15(神戸新聞)

 ○ひょうごまちなみガーデンショー(2015.09.24)

9月26日(土)~10月4日(日)に開催される『2015ひょうごまちなみガーデンショーin明石』に向けて、ふるさと特産類型の生徒が独自のガーデンを制作し、作品の展示を行いました。

 関連記事:2015.09.25(読売新聞)

 ○サイレージ実験(2015.09.19)

竹チップを採卵鶏に与え、鶏卵の価値を向上させるサイレージ実験を行いました。

 関連記事:2015.08.20(神戸新聞)

 関連記事:2015.09.03(読売新聞)

 関連記事:2015.10.05(日本農業新聞)

 ○水素発生実験(2015.09.06)

消石灰と竹の粉を高温で燃焼させることで、水素を発生させる実験を行いました。将来的には、燃料電池の応用や、消石灰を牡蠣殻にい置き換えるなど、新たなエネルギー資源としての利用を目指します。

 関連記事:2015.10.11(丹波新聞)

 ○水車試作(2015.09.05)

工業高校の先生をお招きして、小水力発電コンテストで発表する水車を作成しました。

 ○代替燃料作成(2015.08.24)

丹波焼登り窯での初焼成で使用する竹の伐採を地域の方と一緒に行いました。

 関連記事:2015.08.25(毎日新聞)

 関連記事:2015.08.26(神戸新聞)

 ○チッパー納入(2015.08.20)

篠山市より念願の竹粉砕機(チッパー)を購入していただきました。今後このチッパーを活用して、地域の放置竹林の伐採を行うとともに、乾燥汚泥の堆肥化、減臭効果の実験を進めていく予定です。

 ○東北支援ボランティア(2015.08.20)

篠山市社会福祉協議会主催の東北支援ボランティアに参加しました。今回は、篠山産業高校生、丹南高校生と本校生の総勢15名が会しての活動となり、「山の芋グリーンカーテン」のメンテナンスを行いました。

 関連記事:2015.08.30(丹波新聞)

 ○竹チップ堆肥化実験(2015.08.12)

現在、乾燥汚泥の堆肥化に向けて、乾燥汚泥と竹チップと混合する実験を行っています。実用化に向けて日々研究を進めています。この研究論文は「坊ちゃん科学賞」にも応募しました。

 関連記事:2015.07.09(丹波新聞)

 ○兵庫県学校農業クラブ連盟大会出場(2015.07.23)

兵庫県学校農業クラブ連盟大会が加西市で実施されました。ふるさと特産類型は「地域資源で環境創造~竹チップで未来を変える~」と題したプロジェクト発表を行い、「優秀賞」を受賞しました。

 関連記事:2015.07.02(丹波新聞)

 ○ブルーベリー栽培実験(2015.07.08)

竹チップを植物の用土として利用する研究を、篠山市八上内のカフェ併設の農園で開始しました。

 関連記事:2015.07.16(丹波新聞)

 ○兵庫陶芸美術館との連携(2015.06.17)

兵庫陶芸美術館にて、登り窯の見学を行いました。今後は竹を登り窯の燃料に代替できるのかを検証していきます。

 関連記事:2015.08.25(毎日新聞)

 関連記事:2015.08.26(神戸新聞)

 ○丹南中学校でのグリーンカーテン講習会(2015.05.28)

丹南中学校の1年生を対象に、グリーンカーテン講習会を実施しました。丹南中学校には元担任の先生や中学時代にお世話になった先生がたくさんいらっしゃって、生徒たちにとっても嬉しい再会となりました。
講習会では、中学生らしく質問もたくさん飛び交いました。

 ○東北ボランティア(2015.05.23~05.24)

東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の仮設住宅を訪れ、現地の方とグリーンカーテンづくりを通して交流し、親睦を深めました。
作っていただいた南三陸産アサリの味噌汁・山の芋カレーも絶品でした。この秋に再度参加させていただく予定です。

 関連記事:2015.05.14(丹波新聞)

 関連記事:2015.05.14(丹波新聞)

 関連記事:2015.05.28(丹波新聞)

 関連記事:2015.06.26(読売新聞)

 ○八上小学校でのグリーンカーテン講習会(2015.05.15)

八上小学校の3年生20人を対象に、グリーンカーテン講習会を実施しました。山の芋やツルの模型を使いながら説明していました。

 ○福住小学校でのグリーンカーテン講習会(2015.05.14)

福住小学校の3年生8人を対象に、グリーンカーテン講習会を実施しました。

 ○村雲小学校でのグリーンカーテン講習会(2015.05.11)

村雲小学校の4年生~6年生19名を対象に、グリーンカーテン講習会を行いました。今年もやります!
講習会のご依頼、お待ちしております。

 ○イオン猪名川店山の芋グリーンカーテン販売イベント(2015.05.02)

イオン津田沼店山の芋グリーンカーテン販売イベントに引き続き、今回もイオンと連携したグリーンカーテンの苗販売とグリーンカーテンの説明会を行いました。前回と同様に、たくさんの方々に興味を持っていただきました。

 関連記事:2015.05.03(丹波新聞)

 ○篠山市役所でのグリーンカーテン講習会(2015.05.01)

篠山市役所にて、市民約30名を対象にグリーンカーテン講習会を実施しました。

 ○イオン津田沼店山の芋グリーンカーテン販売イベント(2015.04.30)

昨年度に行われたイオン主催のECO-1グランプリ普及・啓発部門において、私たちは「文部科学大臣賞」を受賞しました。そこで、イオンと連携した環境にやさしいエコカーテン「山の芋グリーンカーテン」の苗販売をさせていただくことになりました。今回、兵庫県のイオン三木農場にて私たちが開発した「ウィルスフリー」山の芋の種芋を育種し、苗の状態にして千葉県津田沼店に輸送、販売しました。この日はグリーンカーテン推進活動の説明や店頭販売を行い、たくさんのお客様に興味を持っていただきました。購入してくださいました皆様、本当にありがとうござました。
次回の販売は5月2日イオン猪名川店です。

 関連記事:2015.05.03(丹波新聞)

 ○イオン三木農場との連携(2015.04.23)

4月30日と5月2日に、それぞれイオン津田沼店(千葉県)とイオン猪名川店(兵庫県)で、山の芋グリーンカーテンを販売することになりました。今回はその出荷準備として、イオン三木農場に行ってきました。

 ○しののめ竹林バスターズ(2015.03.27)

篠山市内の放置竹林を伐採するボランティア活動「しののめ竹林バスターズ」が始動しました。

 関連記事:2015.04.05(丹波新聞)