たたら製鉄研究班の第3回現地調査

(1)期間:平成28年4月27日 水曜日

(2)参加者
   ひょうご歴史研究室のたたら製鉄研究班メンバー5名、研究コーディネーターと歴史研究
   推進員の、合わせて6名が参加(現地案内役は同班メンバーの田路正幸氏)。

(3)目的と調査概略
   たたら製鉄研究班の調査研究を深める目的で、昨年度2回の現地調査に引き続き、
   この日、3回目の巡見調査を実施した。
   宍粟市内の波賀町などに残る、中世〜近世たたら製鉄関連遺跡を共同調査した。

(4)調査行程と結果
 □中国自動車道・山崎ICバス停に集合し、
   ・宍粟市波賀町の小野段林遺跡(中世)
   ・波賀町原の赤西A遺跡(17世紀初頭以降に操業と推定)
   ・同町音水の音水鉄山跡・金山神社
   ・千種町岩野辺荒尾の荒尾鉄山跡
   ・宍粟市三方町公文のもみの木鉄山跡
   ・同町公文の溝谷遺跡、などを巡見調査した。
 □今回の調査は、近世たたら場遺構の現地調査を中心としたが、
   ほとんど遺構では、共通して石組みの平地(テラス)や、近くに2本以上の河川が
   交差する場所があるなど、近世播磨のたたら現場の地形環境の特徴を見いだすことが
   出来た。
   また島根県(出雲)の菅谷のたたら場の地形特徴とも類似性をもつとの印象をもった。
   これらの現地調査を踏まえた上で、今後、文献史料の調査研究することの重要性が
   確認された。

(文責・坂江渉)



▲荒尾鉄山跡(千種町岩野辺)


▲赤西A遺跡(宍粟市波賀町原)