たたら製鉄研究班の現地研究会と現地調査記録

(1)期間:平成28年3月19日 土曜日

(2)参加者
・室長と研究コーディネーターのほか、たたら製鉄研究班3名、および
 文化財課の山下副課長の6名が参加。
 佐用町教育委員会の藤木透氏の案内のもと現地等を巡る。

(3)調査概要
▼たたら製鉄研究班が、中世〜近世の西播磨の製鉄の歴史を深める
 目的で、佐用町内の古代の製鉄関連遺跡の巡見調査、および現地
 研究会をおこなった。
 午前中にJR佐用駅前に集合のあと、佐用町教育委員会の文化財
 調査室に向かい、まず現地研究会を実施した。

@現地研究会(佐用町教育委員会文化財調査室にて)
 □報告:村上泰樹氏(ひょうご歴史研究室研究員)
  「「讃用郡駅家里鉄十連」を考える」
 ・奈良県の大官大寺跡から出土した「讃用郡駅家里鉄十連」
  という木簡をめぐり、各国風土記の鉄関連の伝承、関連する出土文字
  資料を用いながら、古代の讃容郡内における製鉄のあり方を考える
  報告をおこなった。
  鉄「十連」が、現在でいうと約240キロにあたること、古代の讃容郡
  では、滋賀県の木瓜原遺跡のような、大規模な製鉄工房的な施設が
  存在したと推定できることなどを指摘した。
 □討論
 ・古代の製鉄は、農民が農業の片手間(農閑期)によって出来るもの
  ではなく、かなりの技術水準が必要なこと、製鉄に必要な燃料(木炭)
  はどのような種類の材木が利用されていたのか、などの質問が
  出され、また今後、『播磨国風土記』の中川里条の「霊験伝承」、
  苫編部氏の動向、霊験を入手した先の「河内のトノギ」との関連
  などについて分析すべきではないかなどの意見が出された。

A佐用町内の製鉄関連遺跡の現地調査
 □昼食の後、共同研究員の藤木透氏の案内のもと、
 ・村上報告に関連する風土記の「中川里」比定地付近の「新宿廃寺」
  〜佐用町の「えい永だに谷遺跡」〜山平B遺跡〜本位田高田遺跡〜
  佐用都比売神社(式内社)などを巡見した。
 □遺跡調査をおこなうことにより、古代の製鉄が、各丘陵のV字谷の
  渓谷を人為的に平らげ、そこを通る風と、近くの水を利用しておこな
  われる、という共通項的な要素を実感することができた。

(文責・坂江渉)




▲研究会(文化財調査室にて)



▲たたら製鉄の跡地、永谷遺跡