ひょうご歴史文化フォーラムと『播磨国風土記』
全巻特別陳列について


(1)ひょうご歴史文化フォーラムin兵庫県立考古博物館
 兵庫県立歴史博物館では、兵庫の歴史ファンが集う場、地域史研究者の意見・情報
 交換の場として、年に1度、フォーラムを開催してきた。今年度は、県立考古博物館
 との共催行事として、同館の講堂において、「播磨国風土記と古代の交通路」と
 題するフォーラムをおこなった。
 またこのフォーラムは、ひょうご歴史研究室の播磨国風土記研究班に関わるメンバー
 による研究成果の発表の場としても催された。

▼平成28年9月17日 13:30〜16:45
▼開会あいさつ(藪田貫県立歴史博物館長兼ひょうご歴史研究室長)
・講演@ 坂江渉(ひょうご歴史研究室コーディネーター)
  「歴史学からみた風土記の『交通障害神』説話と倭王権」
・講演A 中村弘(兵庫県立考古博物館学芸員)
  「考古学からみた風土記時代の道と駅」
・フォーラム(公開討論)「播磨国風土記と古代の交通路」
   司会:高橋明裕(ひょうご歴史研究室客員研究員)
      :山下史朗(兵庫県教育委員会文化財課副課長)
   総合司会:村上泰樹(兵庫県立考古博物館学芸員)
・閉会あいさつ

 講演@では、坂江が『播磨国風土記』などに合わせて11例みえる「交通障害神」説話を、
 正確には「荒ぶる神」の鎮祭伝承と読み解くべきだと提起。文献史学の立場からみると、
 同伝承が、(播磨国内の場合も含め)各国の要地、要所に対する倭王権の地域掌握史料
 として捉えられると指摘した。

 講演Aでは、中村弘学芸員が、考古学者の立場から、播磨国内の官道や駅制のあり方
 について、県内の発掘事例や文献史料を交えて解説が加えられた。そのなかでとくに、
 「駅鈴」の所持によって駅システムを利用できることが、日本の交通制度の特色であると
 指摘し、当時の「鈴」というものに、呪術的な効果が期待されていたという理解を示した。
 フォーラム(公開討論)は、会場からの質問用紙も踏まえてすすめられ、風土記の神話や
 伝承は、どの時代まで遡りうる史料なのか、坂江講演で分析された6世紀代の考古資料と
 しては何があるのか、「荒ぶる神」の鎮祭伝承の比定地をどうみるか、などの点について、
 白熱した討論がおこなわれた。総じて、風土記という歴史資料の位置づけや方法視角を
 めぐり、歴史学(文献史学)と考古学との間には、少なくないズレがあることが浮き彫りに
 なる会となった。
 当日は、天候が不順にもかかわらず、260名以上の聴講者が集まり、回収したアンケート
 では、「歴史学と考古学の最新の情報を得られて、風土記への興味が深まった」「歴史学と
 考古学による「対決」という形の企画が新鮮だった」「文献史学と考古学の学問的アプローチ
 に大きな違いがあることを感じた」「地域に根ざしたフォーラムだったので良い企画だったと
 思う「今後もタイムリーな企画を催していくべきだ」などの感想が寄せられる一方、「全体と
 して良い催しだったが、画面や音声が視聴し難いところがあり、今後工夫が欲しい」「早口の
 講演となったので、もっと時間にゆとりをもたせた企画にして欲しい」などの要望も出された。



▲挨拶する藪田館長


▲1時間以上に及んだ公開討論


(2)『播磨国風土記』(複製品)全巻特別陳列
 昨年度、兵庫県立歴史博物館では、編纂1300年を記念して、三条西家本の『播磨国
 風土記』を、前後半2回に分けて展示した。今年度は、兵庫県立考古博物館の協力を得て、
 9月10日(土)から25日(日)までの間、同館の特別展示室にて全巻展示した。
 第T部では、風土記の複製品と解説パネルや翻刻文を、第U部と第V部では、関連する
 考古資料を展示し、最新の研究成果を紹介した。
 会期中の観覧者数は合わせて1664名。ギャラリートークについては、9月10日が20名、
 18日が12名、25日には60名の方々が集まった。
 特別陳列の開催に向けてご協力いただいた方々に、この場を借りて、厚く御礼申し上げ
 ます。


▲9月25日のギャラリートーク


▲展示室風景

(文責・坂江渉)