山上 雅弘
山城・赤松研究班委員

現職
兵庫県立考古博物館学芸員

専門分野
考古学

所属学会
日本史研究会・大阪歴史学会・城郭談話会


研究員紹介
今年(2015年)4月、兵庫県立歴史博物館内に設置された「ひょうご歴史研究室」の
委員をしております。
3つの研究グループの中では、山城・赤松研究班に参加させて頂いております。
城郭が専門ですので、主に城跡の調査を行います。兵庫県出身です。


これまでの研究成果
■著書、論文
・共著「戦国末期における畿内の城郭と蔵構造建物」『中世人のたからもの』高志書院2010
・共著「掘立柱建物」『中世城館の考古学』高志書院2014
・共著「戦国時代前半の中世城郭の構造と変遷」『新視点中世城館論集』
 新人物往来社2002

■報告書
・『播磨置塩城跡発掘調査報告書』夢前町教育委員会2006
・『井垣城跡』兵庫県教育委員会2013
・『豊地城跡』兵庫県教育委員会2013
・『平福御殿屋敷跡』兵庫県教育委員会2013

■展示会
・兵庫県立考古博物館 夏企画展『官兵衛を巡る五国の城』(平成26年7月〜9月)