播磨国風土記研究班の現地調査記録(本年度4回目〜5回目)

■『播磨国風土記』の揖保郡条を中心とする神話、伝承の内容を深める目的で、以下の
  2回の現地調査を実施した。

▼第4回現地調査:7月22日 金曜日
 姫路市教育委員会文化財課の協力を得て、大津茂川流域の風土記関連の遺跡、
 史跡等を訪問した。
 姫路市林田町の上伊勢古墳群、「伴善男の墓」伝承地、「アフコ田」比定地、
 「上筥岡」比定地などを踏査し、それぞれの地形環境についての知見を得た。
 参加者は、風土記研究班メンバー5名、研究コーディネーターと歴史研究推進員の2名、
 合わせて7名だった。


▲上伊勢古墳群前(林田町)


▼第5回現地調査:8月27日 土曜日
 揖保川下流域の風土記遺称地、魚吹八幡宮・揖保石見神社などのほか、中世禅宗寺院
 の故地と考えられる寺、守護代館跡の比定地、余子浜(姫路市網干区)等を踏査した。
 赤松氏と山城研究班との合同調査の形でおこない、参加者は風土記研究班メンバー
 1名、研究コーディネーターと歴史研究推進員の2名、合わせて3名であった。


▲余子浜付近(姫路市網干区)


(以上文責・坂江渉)