播磨国風土記研究班の現地調査記録

(1) 期 間
 平成28年4月14日 木曜日

(2) 参加者
 研究コーディネーター1名

(3) 目的と調査概略
 『播磨国風土記』揖保郡小宅里、麻打山、広山里条等の神話・伝承の
 内容理解を深めるため、各比定地の現地フィールド調査と関連資料の
 収集をおこなった。

(4) 調査概要
□調査行程
 JR姫新線本竜野駅を起点にして、小宅神社(たつの市龍野町宮脇)
 〜赤井堰取水
口(同市誉田町誉)〜太子の御手洗いの井戸(同町内山)〜式内社阿宗
 神社(同町広山)〜公夏神社(同町広山)〜浄心寺(同町広山)〜中世
 山陽道「筑紫大道」跡(同町広山)〜太子町歴史資料館などを巡見した。
□関連する地域を徒歩によって調査したため、それぞれの地形環境や
 水かかり、立地条件、旧道(筑紫大道)と寺院・神社の位置関係等を
 確認することができた。
□小宅神社については、もともとは「八幡宮」と呼ばれていたこと、内山の
 鎮守神「建速神社」が、地元では「荒神」と言われていることを聞き取り
 調査等により確認できた。
□太子町歴史資料館で、太子町域の古図等を載せる資料を入手した。

(文責・坂江渉)


▲小宅神社(旧八幡宮)


▲赤井堰の取水口付近(龍野町誉)