このサイトでは表示文字を調整することができます。・・・ 拡大 戻す
2019~2020年度の展覧会・展示をご案内いたします。
左のメニューからご覧になりたい展覧会をクリックすると会期、内容などが表示されます。

■ 驚異と怪異
 -モンスターたちは告げる-

    会期:令和2年(2020)年4月25日(土)~ 6月14日(日)



人魚  ライデン国立民族学博物館蔵
Collection Nationaal Museum van Wereldculturen. Coll. no. RV-360-10410


【展覧会概要】

 ヨーロッパや中東においては、犬頭人、一角獣といった不可思議ではあるが実在するかもしれない「驚異」は、神の偉大な力を示すものととらえられ、自然に関する知識の一部として伝えられた。また、東アジアにおいては、流星や異形の生き物の誕生など、通常とは異なる現象は、天や神仏からの警告である「怪異」としてとらえられ、歴史書のなかに記録された。
 本展では、国立民族学博物館所蔵の民族資料を中心に、人魚、竜、怪鳥、一角獣など、さまざまな世界の想像上の生き物について紹介するとともに、警告・凶兆(モンストルム)を語源とする怪物(モンスター)の文化史的な意味について考えてみたい。



【会期等】

『怪物誌』 国立民族学博物館蔵
撮影・大道雪代


令和2年(2020)4月25日(土)
~6月14日(日)〔45日間〕

開館時間  午前10時~午後5時
      (入館は午後4時30分まで)


休館日  月曜日
     ※5月4日(月)は開館



ろくろ首
ライデン国立民族学博物館蔵
Collection Nationaal
Museum van Wereldculturen.
Coll. no. RV-360-4740

会  場  兵庫県立歴史博物館 ギャラリー他


主  催  兵庫県立歴史博物館
      神戸新聞社
      国立民族学博物館
      千里文化財団


後  援  兵庫県
      兵庫県教育委員会
      NHK神戸放送局
      サンテレビジョン
      ラジオ関西


協  力  山陽電気鉄道株式会社
      神姫バス株式会社


件(くだん)の剥製  個人蔵

特別協力  ライデン国立民族学博物館

 
 
 
 
 
【観覧料金】

個人料金一般団体料金障がい者料金障がい者団体料金
大人1,000円800円250円200円
大学生700円550円150円100円
70歳以上500円400円
・高校生以下は無料です。
・障がい者1人につき介護者1人は無料です。
・一般団体料金は、20名以上の団体で適用となります。
・障がい者団体料金は、20名以上の団体で、かつ総利用者数に占める障がい者の割合が
 半数以上の場合に適用となります。




淡路人形 九尾の狐 
 兵庫県立歴史博物館蔵
【展示構成と主な出品資料】

展示構成

  第Ⅰ部 想像界の生物相
   1 水
   2 天
   3 地
   4 驚異の部屋の奥へ

  第Ⅱ部 想像界の変相
   1 見る
   2 知る
   3 創る


無支祈図(むしきず)
 個人蔵


主な展示資料

  人魚のミイラ(ライデン国立民族学博物館蔵)
  アルドロヴァンディ著『怪物誌』(国立民族学博物館蔵)
  カズウィーニー著『被造物の驚異』(国立民族学博物館蔵)
  イッカククジラの牙(国立民族学博物館蔵)
  河童の頭(明石市立文化博物館蔵)
  淡路人形 九尾の狐(兵庫県立歴史博物館蔵)
  件の剥製(個人蔵) ※姫路展のみの出品
  無支祈図(個人蔵)
   ※姫路展のみの出品、孫悟空のモデルとなった怪物「無支祈」を描いた絵、初公開
  ドラゴン骨格標本(江本創氏制作)
  「異類の行進」(五十嵐大介氏画)
  リヴァイアサン模型(スクウェアエニックス蔵)


ジェニー・ハニヴァー 
個人蔵
大道雪代撮影




【関連事業】


(1)館長対談「驚異と怪異の世界」

   ゲスト/山中由里子氏(国立民族学博物館)
       榎村寛之氏(三重県立斎宮歴史博物館)
   日時/5月10日(日) 午後2時~3時30分
   会場/当館地階ホール(無料、申込不要)
   定員/100名(先着順)
   ヨーロッパ・中東の「驚異」と東アジアの「怪異」について、
   当館の藪田貫館長がそれぞれの専門家と語り合います。


虎仮面(タイガー・マスク)
国立民族学博物館蔵


(2)特別展講演会「怪談を蒐集する」

   日時/5月17日(日) 午後2時~3時30分
   会場/当館地階ホール(無料、申込不要)
   講師/木原浩勝氏(作家・怪談蒐集家)
   定員/100名(先着順)
   スタジオジブリのスタッフとして「天空の城ラピュタ」
   となりのトトロ」などを手がけたのち、怪談蒐集家に
   転身して『新耳袋』などの実話怪談を数多く著した
   木原浩勝氏が、怪談蒐集の中で出会ったさまざまな
   エピソードについて語ります。


(3)れきはくアカデミー「怪異から妖怪へ」

   日時/5月24日(日) 午後2時~3時30分
   会場/当館地階ホール(無料、申込不要)
   講師/香川雅信(当館学芸課長)
   定員/100名(先着順)
   怪火や怪音といった「怪異」は、かつては凶兆として恐れられていました。
   しかし江戸時代になるとそれらに名前がつけられ、「妖怪」として一種の
   キャラクターと化していきます。その背景にはどのような社会の変化があったのか、
   考えてみたいと思います。


(4)展覧会ガイド

   日時/4月26日(日)・5月10日(日)・5月24日(日)
      いずれも午前11時から