トップ > れきはく 学芸員の部屋 > スタッフ紹介 : 山口奈々絵
2017年度

スタッフ紹介  れきはく 学芸員の部屋

学芸員
山口奈々絵(やまぐちななえ)
専門分野 日本美術史(近世絵画)
   
所属学会 美術史学会
   
   

学芸員紹介

 本年度より近世絵画担当の学芸員として勤務することとなりました。

 これまでは江戸時代の画家、曾我蕭白について研究してきました。蕭白は京都出身の画家ですが、彼の足跡は高砂においても確認されており、兵庫県ゆかりの画家のひとりといえます。その同時代には、伊藤若冲、池大雅、円山応挙など、優れた画家が数多く輩出しました。このような魅力的な時代に豊かな文化を生み出す原動力となったのは何であるのか、ということに興味をもっています。

 今後は視野を広げ、兵庫県内の近世絵画について広く学びを深めていきたいと思います。また日本絵画の面白さを多くの方にお伝えできるよう、精進してまいります。

本年度の活動計画

これまでの活動・研究

▲ページトップへ