用語解説一覧

ひょうご伝説紀行に関連する用語解説一覧です。
五十音順で検索いただけます。

あ行

源義経(みなもとのよしつね)

1159―89。源義朝(みなもとのよしとも)の九男。平治の乱(1159年)で父が敗死した後、鞍馬山(くらまやま)に預けられるが、後に脱出して陸奥国平泉(むつのくにひらいずみ=現在の岩手県平泉町)へ向かい、藤原秀衡(ふじわらのひでひら)の庇護を受けた。

治承4(1180)年に兄の頼朝(よりとも)が挙兵すると平泉を離れてこれに合流する。寿永2(1183)年末に兄の範頼(のりより)とともに頼朝の代官として軍勢を率いて出陣し、翌年1月に源義仲(みなもとのよしなか)を討ち取る。ついで同年2月には一の谷の戦い(いちのたにのたたかい=現在の神戸市)で平家に壊滅的打撃を与えた。翌元暦2(1185)年2月に讃岐国屋島(さぬきのくにやしま=現在の香川県高松市)で平家を破り、続いて3月に長門国壇ノ浦(ながとのくにだんのうら=現在の山口県下関市)で平家を滅ぼした。

しかしその直後から頼朝との対立が深まり、文治元(1185)年11月に西国へ向けて都を離れるが、大物浦(だいもつうら=現在の尼崎市)付近で嵐のために遭難、以後陸奥国平泉へ逃れて再び奥州藤原氏の庇護を受ける。しかし、秀衡没後の文治5(1189)年4月、頼朝からの圧力に屈した藤原泰衡(やすひら)によって殺害された。

源義朝(みなもとのよしとも)

1123―1160。源氏の棟梁(とうりょう)である源為義(みなもとのためよし)の嫡男。少年期に関東へ下向し、相模国(さがみのくに=現在の神奈川県)を拠点として南関東を中心に勢力を広げた。保元元(1156)年に発生した保元の乱では父や多くの弟たちと別れて後白河天皇(ごしらかわてんのう)の方に付いて勝利する。ついで平治元(1159)年の平治の乱で、藤原信頼(ふじわらののぶより)と組んで政権奪取を狙った。しかし、平清盛(たいらのきよもり)らの軍勢に敗れ、東国方面へ脱出したが、尾張国(おわりのくに=現在の愛知県西部)で殺害された。

源義平(みなもとのよしひら)

1141―1160。源氏の棟梁である源義朝(みなもとのよしとも)の長男。長男であったが母の出自から弟の頼朝(よりとも)が嫡男として扱われていたとされる。父と同様に少年期に関東へ下向し、久寿2(1155)年には父と対立していた叔父の源義賢(みなもとのよしかた)を武蔵国大蔵館(むさしのくにおおくらのたち=現在の埼玉県比企郡嵐山町)に攻めて討ち取った。平治の乱で父義朝とともに戦ったが敗れ、京都周辺に潜伏中に捕らえられて処刑された。

源頼朝(みなもとのよりとも)

1147―99。源義朝(みなもとのよしとも)の三男。平治の乱(1159年)後捕らえられ、伊豆国(いずのくに=現在の静岡県東部)に流罪(るざい)となる。治承4(1180)年8月、反平家の兵を挙げ、同年末には鎌倉を拠点とする地方政権を確立した。

寿永2(1183)年10月には東国の軍事支配権を朝廷から認められ、ついで弟の範頼(よりのり)、義経(よしつね)を西国へ派遣して源義仲(よしなか)や平家との戦いを進め、元暦2(1185)年3月の壇ノ浦の戦い(だんのうらのたたかい)で平家を滅亡させる。同年11月には、反旗を翻した義経を逮捕するためとの名目で、全国に守護・地頭(しゅご・じとう)を置く権限を朝廷に認めさせる。さらに義経を庇護する奥州藤原氏に圧力を加え、文治5(1189)年にこれを征服した。

建久3(1192)年7月に征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)に任命される。晩年は娘を天皇の后としようとするなど朝廷への影響力拡大に努めたが、病を得て建久10(1199)年1月に死去した。

『峰相記』(みねあいき)

峰相山鶏足寺(みねあいさんけいそくじ=現在の姫路市石倉の峰相山山頂付近にあった寺)の僧侶が著した中世播磨の宗教・地理・歴史を記した書物。原本は本文冒頭の記述から貞和4(1348)年ごろに成立したと考えられる。現存する最善本は揖保郡太子町(いぼぐんたいしちょう)の斑鳩寺(いかるがでら)に伝わる写本で、奥書から永正8(1511)年2月7日に書写山別院(しょしゃざんべついん)の定願寺(じょうがんじ)で写されたものであることがわかる。活字化されたものは、『兵庫県史』史料編中世4(兵庫県史編集専門委員会、1989年)や、全文口語訳をした、西川卓男『口語訳『峰相記』――中世の播磨を読む――』(播磨学研究所、2002年)などがある。

宮本武蔵(みやもとむさし)

1584?―1645。江戸時代初めの武芸者。自らの著書『五輪書(ごりんしょ)』によれば、13歳から29歳までの間に60回余りの勝負をし、すべて勝利したという。大坂の陣(1614―1615)では徳川方として参陣したと考えられ、その後、姫路藩主本多忠刻(ほんだただとき)、明石藩主小笠原忠真(おがさわらただざね)の客分となって、姫路や明石の城下町・寺院建設、作庭などに関与したとされる。

寛永15(1638)年の島原の乱では小笠原氏に従って参陣、その後寛永17(1640)年に熊本藩主細川忠利(ほそかわただとし)に招かれて客分となる。寛永20(1643)年から『五輪書』の執筆を進め、正保2(1645)年熊本で没した。武芸をめぐる数々の伝説のほか、水墨画などの書画作品も残されている。

『めざまし草』(めざましぐさ)

『播陽万宝智恵袋(ばんようばんぽうちえぶくろ)』巻42収録。天正7(1579)年永良鶴翁(ながらかくおう)著。播磨国内のさまざまな奇談、逸話を集めたもの。著者の永良鶴翁については詳しくはわからないが、現在の市川町西部にあった永良荘(ながらのしょう)に居住した人物と見られている。なお、奥書には「芦屋道たつ」という人物が見えるが、これは『播陽万宝智恵袋』巻15収録の『播磨国衙巡行考証(はりまこくがじゅんこうこうしょう)』の著者である「芦屋道建」を指すと見られる。道建は、天正ごろ活動した人物であるので、本書も天正ごろの書物と見てよいだろう。