用語解説一覧

ひょうご伝説紀行に関連する用語解説一覧です。
五十音順で検索いただけます。

あ行

和気清麻呂(わけのきよまろ)

 奈良時代末〜平安時代初頭の公卿(733〜99)。従三位。769年、僧道鏡が皇位を奪おうとした事件の際、宇佐八幡宮の神託をもってこれを退けた。そのため大隅(鹿児島県)に流されたが、道鏡の失脚後に復権。桓武天皇(かんむてんのう)の信任を得た。