北野の文殊
文殊さまの知恵比べ

 文殊(もんじゅ)様と言えば、知恵(ちえ)のすぐれた仏様です。あちこちのお寺で祭られていて、たくさんの人たちが、文殊様に「どうぞ知恵をお授けください」とお願いします。その文殊様同士が知恵比べをしたら、どうなるのでしょうか。

 昔、播磨(はりま)にある北野の村に、文殊様がいらっしゃいました。その文殊様が、ある日、天橋立(あまのはしだて)を見物しがてら、切戸(きれど)の文殊様を訪ねようと思い立ちました。さっそく旅支度をして出かけ、天橋立をながめた後で切戸へとやって来ました。
 「北野の文殊やないか。よう来たのう。どうじゃ、切戸はええとこやろう」
 切戸の文殊様は、にこにこしながらむかえてくれました。
 「ほんまやのう。景色もええが、ここのお寺もお参りの人がぎょうさんおって、たいしたもんやなあ」
 お参りの人が数えるほどしかいない北野の文殊様は、感心してそう言いました。

 二人でお酒を飲みながら話していると、切戸の文殊様は、そのうちにこんなふうにぐちを言い始めました。
 「そやけどなあ、毎日毎日拝まれて、たのみ事ばっかり聞かされたら、ほんまにかなわんもんやで」
 「あほなことを。こないにお参りしてもろうて、そんなこと言うとったら、ばちが当たるで」
 北野の文殊様はそう言いましたが、内心、うらやましくてたまりません。どうにかして、切戸の文殊様と入れかわりたいものだと考えました。一方の切戸の文殊様は、こんなふうに思いました。
 「あないなこと言うて、切戸をほめとったけど、あの北野の文殊は知恵の働くことで有名なやつや。いっぺん、北野がどないな具合か確かめたろう」

 切戸の文殊様は、北野の文殊様が帰る後をそっとついて、北野までやって来ました。お寺の外で、北野の文殊様がおよめさんに土産話をしているのを、そっと立ち聞きしてみますと、
 「切戸ちゅうても、たいしたことあらへんなあ。景色だけはええけど、あないにお参りが少なかったらあかん。北野とは比べもんにならへんわ。よそへ行ってみたら、自分とこのええのがわかるなあ」 などと話しているのが聞こえます。

 「ほれみてみい。これやから油断でけへん。切戸ではあないなこと言うとったのは、うそやったんやな。やっぱり、北野の方がようもうかってるんや」
 切戸の文殊様はぶつぶつ言いながら帰りましたが、「何とかして北野の文殊と入れかわることはできないか」と、そればかり考えていました。

 しばらくたって、北野の文殊様から手紙が届きました。切戸ではお世話になったから、お返しに北野へもきてほしいと言うのです。ただ、正月の二十五日が、お参りが一番少ない、ひまな日だから、その日に来てほしいと書いてありました。

 正月の二十五日、約束どおり切戸の文殊様は、北野の文殊様の所へやってきました。
 「北野の文殊よ、なかなかええ景色やないか」
 「景色言うても山しかあらへんがな」
 
 北野の文殊様の手紙には、たしか今日はお参りが一番少なくて、ひまだと書いてありました。ところが、お参りの人を見ていると、次から次へひっきりなしです。
 「お参りも多いやないか」
 「いやいや、ほんまに不景気なもんやで」
 
 切戸の文殊様がほめても、北野の文殊様はちっともじまんしません。切戸の文殊様は、それが余計に気になりました。北野の文殊様が、自分の所をちっともじまんしないのは、北野がよほどいいところだからにちがいない。そんなふうに思いました。

 そこで切戸の文殊様は、じょうだんめかして、「どうや、いっぺん入れかわってくれへんか」と言ってみました。
 「いやいや、こんなとこでも住めば都や」
 北野の文殊様はそう答えましたが、顔はにこにこしています。切戸の文殊様は、ますます北野が良い所のように思えてきました。そこでどうしてもと無理にたのんで、とうとう入れかわってもらうことになったのです。

 ところが入れかわった次の日、ひとりのお参りもありません。それどころか、何日経っても、お参りの人はやって来ません。
 「こらいったい、どないしたんやろう」
 
 そこで切戸の文殊様は、近所に出かけていって、おひゃくしょうさんにたずねてみました。するとおひゃくしょうさんが言うのです。
 「お参りがあるのは、一年でも正月の二十五日だけですわ。他の日にお参りする人なんかありまへんがな」
 そのうえ、北野の文殊様にはおよめさんもいないというのです。北野の文殊様は、切戸の文殊様が立ち聞きしているのを知っていて、一人で話していたのでした。

 「しもた、北野の文殊にいっぱいくわされたんや。」
 切戸の文殊様はくやしがりましたが、もう間に合いません。

 それからというもの、子供たちに
  切戸の文殊はあほ文殊
  北野の文殊は知恵文殊
 と歌われるようになったそうです。