兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

弓・矢 [ゆみ・や]
  祭りには弓や矢が多く用いられる。流鏑馬や柴燈護摩の時に山伏が行う放弓などがある。もっとも親しみのあるのは、年の始めに多くの村において弓で的を射る行事、お弓神事である。大きな的に墨で鬼の文字を書いて矢で射抜き、村や町の平安を願い、五穀の豊穣を祈願する。

お祭りの名称開催月 地域 伝承地住所
大歳神社の百手武射式1月15日 神戸大歳神社神戸市垂水区名谷町
淡河八幡神社御弓神事2月17日 神戸淡河八幡神社神戸市北区淡河町勝雄35
御崎神社の的射神事1月15日 東播磨御崎神社明石市藤江字別所556
御坂神社の御弓神事2月11日 北播磨御坂神社三木市志染町御坂243
大蔵谷の牛のり神事10月10日 東播磨稲爪神社明石市大蔵本町6-10
平内神社の百手の儀式1月28日 但馬平内神社美方郡香美町香住区余部字上中2900-2