兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

檀尻・山車・屋台・造り山 [だんじり・だし・やたい・つくりやま]
  祭りには屋台や檀尻など神輿様の練り物が登場し、活況を呈す様は花形である。これらは祭礼を彩る造り山の一類型である。屋台は太鼓を中心に据え、乗り子が威勢よく太鼓をたたく。曳き山は人形芝居や人形からくり、また、歌舞伎を奉納したりする。造り山は形状こそ異なるが、神に芸能を奉納するという機能が共通している。

お祭りの名称開催月 地域 伝承地住所
住吉神社の祭礼打込(水無月祭)7月31日丹波住吉神社篠山市川原字木ノ下270
波々伯部神社のおやまの神事8月第1月曜(5年毎) 丹波波々伯部神社篠山市波々伯部1
吉川若宮神社のヤホー神事10月第1日曜北播磨若宮神社三木市吉川町稲田557
曽根天満宮の一ツ物神事10月13日・14日東播磨曽根天満宮高砂市曽根町2286-1
播磨総社の一ツ山神事6月11日中播磨  姫路市総社本町190
播磨総社の三ツ山神事6月11日中播磨射楯兵主神社姫路市総社本町190
真浦の獅子舞(家島の檀尻船)7月25日中播磨家島神社他姫路市家島町真浦
石屋神社の壇尻5月15日淡路石屋神社淡路市岩屋799
長林寺のつかい壇尻7月17日淡路長林寺洲本市五色町都志万歳975