兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

阿万[あま]の風流大踊り小踊り[ふりゅうおおおどりこおどり]
 南あわじ市阿万[あま]の亀岡[かめおか]八幡神社では、9月15日に風流[ふりゅう]大踊り小踊りが行われる。
 大踊りは前踊り5人、8歳から15歳までの少年がなり、大踊り子は3人で15歳以上の人がなる。大踊りの衣裳は、前踊り子が半袖の着物に黒の角帯[かくおび]・赤鉢巻[あかはちまき]・手にチャッキリコと牡丹[ぼたん]の花の扇を持つ。大踊り子は白木綿[しろもめん]の着物に黒角帯[くろかくおび]・手甲[てこう]・脚袢[きゃはん]に鉢巻を締め、手に大団扇[おおうちわ]を持つ。音頭取りは裃[かみしも]で扇子を持つ。拍子木[ひょうしぎ]と太鼓打ちは、浴衣[ゆかた]などの着物に襷[たすき]をかけ、締太鼓[しめたいこ]を持つ。
 小踊りは踊りにより衣裳を替える。踊り子は短い袖の着物の襟首[えりくび]に幣串[へいぐし]をさし、掛烏帽[かけえぼし]子を被り、鳥の絵の扇を持つ。踊りは拝殿で踊られる。大踊りと小踊りは一番ごとに交替して踊る。

映像
movie
本祭事の映像ムービーです。

亀岡八幡宮 大踊りでチャッキリコを打ち合わせて踊る前踊り 大扇団を前に踊りの準備 牡丹の花の扇と大団扇を持って踊る大踊り子
八呎烏の扇をかざし御幣を襟首にさして踊る神楽踊 ガンギ模様の着物を着て綾棒を持って踊る綾踊り 大踊りの音頭取りの歌に合わせて締太鼓と拍子木を打つ囃子方 音頭取りと締太鼓に付拍子が囃す小踊りの囃子方