兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

九鹿[くろく]ざんざか踊
 養父市八鹿町九鹿[やぶしようかちょうくろく]の日枝[ひえ]神社では、10月15日にざんざか踊りが奉納される。
 10月15日、公民館で衣装を整える。踊り手は太鼓2人・軍配団扇[ぐんばいうちわ]2人の4人である。衣装は紺地半被[はっぴ]を着て、浅笏[あさぎ]の角帯[かくおび]をしめる。紺の股[また]引き、白足袋[しろたび]に草鞋[わらじ]を履く。太鼓打ちは背に直径1メートル余りの団扇[うちわ]に五色の色紙[いろがみ]の短冊[たんざく]を無数に貼り付ける。棒の先に榊[さかき]の小枝を差し、花輪の両肩にも五色の幣串[へいぐし]を差す。軍配団扇の2人は、陣笠[じんがさ]を被る。
 踊りは15日の午後、宿の公民館で準備を整え、出立ちの踊りを踊って出発する。先達[せんだち]は大きな幣串[へいぐし]を持ち、村の辻で口上を述べる。踊りの行列は一列に並び太鼓を打って宮入りをする。長床[ながとこ]の前に踊り場を設け、その中央に先達[せんだち]の持って来た幣串[へいぐし]を立てる。踊りは幣串[へいぐし]を中心に踊り場の四方に立って踊る。

中踊り子が付ける締太鼓と太鼓を挟んで腰に付ける棒 側踊りが持つ軍配団扇 団扇の中央に八幡宮の扉の付いた花輪をつける太鼓打ち 先達を先頭に村の辻で団扇の掛声で礼拍子を打つ
踊り始めに本殿を向き団扇の掛け声で礼拍子を打つ 踊り場に片ひざをついて太鼓を打つ御本踊り 踊り場の四隅に立って踊る お礼の礼拍子を打つ踊り子