兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

轟[とどろき]の狂言獅子舞[きょうげんししまい]
 豊岡市竹野町轟[とよおかしたけのちょうとどろき]の森[もり]神社では、10月15日に狂言獅子舞が奉納される。
 獅子は一頭二人遣い[ににんづかい]で、全員が紺地[こんじ]の着物に袴[はかま]をはく。後遣い[うしろづかい]はカヤ(油單[ゆたん])の尾の部分を束ねて持ち、獅子頭[ししがしら]の動作に合せて動く。囃子方は太鼓と締太鼓を1人で打つ。笛吹きは3人から5人で横笛を吹く。
 当日の朝、獅子と囃子方は村回り(行列と称す)をする。獅子は左手に白幣[はくへい]、右手に神楽鈴[かぐらすず]を持って振り、家の内と外を祓[はら]う。
 午後、お旅所で遊び獅子(狂言獅子舞)がある。お旅所の広場に敷物を敷き、獅子の舞い場を作り、太鼓屋台を引き出す。「そもそも」という役の少年が大神楽[だいかぐら]の口上[こうじょう]を述べる。終わると太鼓が打ち出され、獅子が舞い始める。遊び獅子のほか、幣[へい]の舞・乱れ獅子[みだれじし]・剣[つるぎ]の舞が伝わっている。狂言獅子と称されるのは遊び獅子で、天狗とお多福が問答し、最後に獅子と天狗が互に剣を抜いて激しい剣[つるぎ]の舞を舞うことに由来するという。

旧庄屋の庭先で舞う乱獅子 村回りの庭先で舞う幣の舞 門付けで家の前の道路で舞う獅子舞 蓮華寺の庫裡で舞う乱獅子
獅子屋台に置いた獅子頭と囃子の太鼓 狂言獅子舞の前に行われる「そもそも」 寝ている獅子の周囲をささらを摺って回る天狗 疲れた獅子の尾を引張り起しにかかる天狗
寝ている獅子を見てお多福と問答をする天狗 寝獅子の中に入っていた子供を追い出す獅子方 お多福に教えられた通り三回扇で獅子を招く天狗 天狗の持つ扇を目覚めた獅子が口で取る
最後に天狗と獅子が激しく舞う剣の舞