兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

香住[かすみ]の三番叟[さんばそう]群
 美方郡香美町香住区[みかたぐんかみちょうかすみく]では、10月上旬の秋祭りになると、町内の神社で三番叟[さんばそう]が奉納される。
 10月4日と5日、一日市[ひといち]の八坂[やさか]神社、香住[かすみ]の香住神社、森の吉野[よしの]神社、下浜[しもはま]の法庭[のりば]神社と八幡[はちまん]神社で行われる。
 一日市では本宮[ほんみや]の午後「ぶれ」が出ると、関係者が神社に集る。神輿[みこし]が町内を神幸[しんこう]し、その途中芝居堂の前に神輿が据えられると三番叟[さんばそう]が始まる。
 舞いは千歳[せんざい]の舞いから始まる。舞いの後半になると翁[おきな]は面付けをする。千歳が舞い終ると、翁[おきな]はゆっくりとした足どりで舞い出す。翁は、翁烏帽子[おきなえぼし]に狩衣姿[かりぎぬすがた]で指貫袴[さしぬきばかま]をはき、扇を持って舞台いっぱいに舞う。舞い終ると、面[めん]を外して面箱[めんばこ]に納める。三番叟[さんばそう]は剣先烏帽子[けんさきえぼし]をつけ、直垂姿[ひたたれすがた]で手に扇を持って舞う。舞い終ると黒式尉[こくしきじょう]の面をつけ、舞台で千歳と問答を交わす。最後に千歳[せんざい]から鈴を受け取り、鈴の段を軽快に踏み固めて終る。
 香住[かすみ]では公民館の前に仮設の舞台を設ける。神輿[みこし]が町内を神幸[しんこう]し、その途中この舞台の前に据えられると三番叟[さんばそう]が始まる。舞は千歳[せんざい]から舞い始まり、翁[おきな]・三番叟[さんばそう]・黒式尉[こくしきじょう]の順に舞う。
 森では公民館の前に仮設の舞台を設ける。舞台の右側にしいの木、左側に松を立てる。神輿[みこし]が町内を神幸[しんこう]し、その途中に神輿がこの舞台の前に据えられると三番叟[さんばそう]が始まる。舞は千歳[せんざい]・翁[おきな]の舞・三番叟[さんばそう]の順に行う。森は宵宮[よいみや]の夜、大乗寺[だいじょうじ]でも三番叟を行う。
 下浜[しもはま]では、法庭[のりば]神社と八幡神社に隣接する帝釈寺[たいしゃくじ]に芝居堂[しばいどう]がある。口上[こうじょう]を述べ幕が開くと千歳[せんざい]・翁[おきな]の舞・三番叟[さんばそう]とつづく。最後に千歳[せんざい]と黒式尉[こくしきじょう]は、鈴の段を舞う。

舞台の上に並んだ三番叟の役者と囃子の小太鼓打ち 千歳の舞 面付けをする翁 翁の舞
三番叟の楺の段 問答をかわす千歳と黒式尉 黒式尉の鈴の段 千歳の舞
翁の舞 神輿を据えた前で三番叟の舞の奉納 囃子にのって舞う楺の段 黒式尉の鈴の段
囃子方 三番叟の面 面箱を運ぶ千歳 口上を述べて待つ小太鼓打ち
侍烏帽子に直垂姿で舞う千歳の舞 少し前屈みの姿で舞う翁の舞 おゝさえやーと謡いながら舞う楺の段 問答をする千歳と黒式尉
鈴を黒式尉に渡す千歳 黒式尉の鈴の段 役作りの厚化粧をして貰う役者 黒式尉と白式尉の面
千歳の舞 翁の舞 楺の段 問答をかわす三番叟と千歳
黒式尉に鈴を渡す千歳 鈴の段を舞う黒式尉