兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

若杉[わかす]のざんざか踊
 養父市大屋町若杉[やぶしおおやちょうわかす]の三社神社[さんじゃじんじゃ]では、8月16日にざんざか踊りを行う。
 踊り太鼓は4人で、最近は「じんべ」と呼ぶ一重[ひとえ]の短い着物に紺の袴[はかま]をはき、「ゆご手」と呼ぶ筒袖[つつそで]を着て、襷[たすき]をかける。2本の差竹[さしたけ]で締太鼓[しめだいこ]を挟んで腰につけ、草履[ぞうり]をはく。太鼓の被[かぶ]る花笠は、村中の人が骨組を、若者が笠貼[かさは]りをする。団扇[うちわ]の踊り子は2人で、太鼓と同じ衣裳に紫地の袴をつけ、背中に2メートル程の大団扇[おおうちわ]を背負う。手に唐団扇[からうちわ](軍配団扇[ぐんばいうちわ])を持って草鞋をはく。
 当日の朝、公民館で出発の準備を整える。道行き太鼓を打ち、宮下では「シヤギり太鼓」を打って境内[けいだい]に入る。団扇の掛声で親太鼓が打ち出し、続いて一斉に太鼓を打つ。奉納が終わると団扇を先頭に、道行[みちゆ]き太鼓を打って奥若杉[おくわかす]の薬師堂や地蔵・荒神[こうじん]など、村の仏や神を祀る場所で踊りを奉納する。

造花で飾った踊りの花笠 出立ちに宿の前で揃い打ちをする踊り子 宮下の街道筋でシヤギリ太鼓を打つ踊り子 宮入りして参道で並んで打つ
大きな幣と女帯で飾り付けた大団扇をしめ直す踊り子 大団扇を背負って指揮をする団扇の踊り子 薬師堂の途中地蔵前でシヤギリ太鼓を打つ踊り子
薬師堂の庭で踊を奉納する踊り子