兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

久谷[くたに]の菖蒲綱引き[しょうぶつなひき]
 美方郡新温泉町久谷[みかたぐんしんおんせんちょうくたに]では、6月5日(旧5月5日)に菖蒲綱引き[しょうぶつなひき]が行われる。
 菖蒲綱作りは6月5日に行う。綱打[つなう]ちは地区の公民館前で始められる。藁綱[わらつな]の編み始めを三筋[みすじ]作り、菖蒲[しょうぶ]・蓬[よもぎ]・すすきを添えて、編み込む。3本の綱を1本の綱に編み上げ、二組が整うと道路に長く延[のば]す。根元の方を輪にして両方の綱をからみ合せ、1本の綱にして藁縄[わらなわ]で縛る。仕上げると約40メートルに及ぶ。さらにロープを添えて荒縄で縛ると菖蒲綱[しょうぶつな]ができあがる。
 午後8時頃になると大勢の人が集まる。綱は大人組と子供組に分かれて綱を引く。掛声をかけ、綱を持ち上げて地面を打つが、七つ目の歌が終わるのを合図に綱引きが始まる。

村中の家の屋根から菖蒲を集める子どもと若連 生草を編みよい様に区別する 編み始めの3本に力石を置いて菖蒲の編込み 三本の綱を交互に入れ替えて一本に編む綱作り
一斉に親子が混って綱を引く子ども組