兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

那波八幡神社[なばはちまんじんじゃ]の神勇獅子舞[かみいさししまい]
 相生市那波[あいおいしなば]の那波八幡神社では、10月の第1日曜日の秋祭に神勇獅子舞が奉納される。
 那波の獅子舞は、一頭二人遣い[いっとににんづかい]で、獅子頭には五色に染分けた毛と鈴をつけ、油單[ゆたん]の背に白紙を横長に切り、3センチメートル内に切り目を入れて縫い付けてある。
 宵宮[よいみや]は、宿(公民館)で準備をすませた舞児[まいこ]・綾子[あやこ]・囃子方[はやしかた]の笛方・太鼓打ち・拍子木が屋台に乗り込む。屋台は伊勢音頭や笛・太鼓の囃子で賑やかに曳かれて宮入りする。神事のあと、二頭の獅子は拝殿に降りて神楽を舞い、拝殿前に引き出された屋台の上で獅子を舞わす。
 昼宮[ひるみや]は宵宮と同様に、屋台に乗り練[ね]り込んだ獅子方・囃子方・綾子は鳥居下で降り、鼻高[はなだか]とお多福[たふく]の先導で、獅子は舞いながら拝殿に進む。神事[しんじ]のあと獅子は神楽を舞い、屋外に引き出した屋台の舞台で2回舞い、町内を廻る。屋台が神社に戻ってくると獅子は再び舞台で舞う。獅子舞は鼻高[はなだか]・神勇[かみいさ]・八島[やしま]・桜舞・吉野・ 洞入[ほらい]り・洞返[ほらがえ]し・早替[はやがわり]・伊勢音頭・矢車・四方舞[しかたまい]・牡丹・餌拾いの13曲が伝えられている。

宮入りした獅子が拝殿まで舞いながら繰り込む(練込) 白幣を手にした鼻と獅子の舞(鼻) お多福と獅子が舞う(神勇) 綾子の持つ餌をほしそうに舞う(餌ひろい)
獅子はく低く舞う(矢車) 幣串を持った綾子と舞う獅子(八嶋) 綾子の持つ桜の花の動きに合せて獅子が舞う(桜舞) 桜の枝を持った綾子と情緒豊かに舞う(吉野)
獅子がねぐらに入る様を表現する(洞入り) 舞児のはく足袋の白黒で入れ替りがわかる(早替り) 綾子の持つ花に誘われ舞う獅子(伊勢音頭) 天地四方を祓う様に舞う(四方舞)
牡丹の花とたわむれる獅子(牡丹)