兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

甘地[あまじ]の獅子舞
 神崎郡市川町甘地[かんざきぐんいちかわちょうあまじ]の八幡[はちまん]神社では、9月15日の秋祭りに獅子舞が行われる。
 獅子は二種類で、甘地の獅子は頭から肩にかけて毛の代りに白紙[しろがみ]を細く長く縫いつける。油單[ゆたん]は藍染[あいぞめ]に白線[はくせん]で巻毛[まきげ]を肩から両裾に染め抜き、胸に牡丹の花を染め出す。土師[はじ]の獅子は毛獅子[けじし]である。
 獅子舞の舞い場は、15日の朝、神社の本殿下の広場に筵[むしろ]を敷き、その上に薄[うす]べりを敷く。獅子方は獅子の頭遣[あたまつか]いを前[まえ]、後遣[あとつか]いを後[うしろ]と呼ぶ。笛方は3・4人で横笛を吹き、太鼓方は1人で太鼓と締太鼓を打つ。摺鉦[すりがね]は1人である。
 獅子の相手をする「ばやし子」は子供7人がなる。獅子舞は神輿[みこし]の神幸行列[しんこうぎょうれつ]が還御[かんぎょ]し、神事が終わると始まる。鈴の舞から始まり9種が舞われる。
 現在では鈴の舞・やしま・剣の舞・扇の舞・餌[えさ]ひろい・四方舞・弁慶・吉野がかり・花がかり・早替[はやがわ]り・洞[ほら]かえり・大谷の十二が伝えられている。

映像
movie
本祭事の映像ムービーです。

神前に置かれた獅子頭 神事のあと拝殿で舞う獅子 舞場に設けられた囃子方の席 友禅の着物を短く着付けたばやし子の大将
白幣と鈴を振って舞う鈴の舞 毛槍を持ったばやし子頭と小さなばやし子が獅子と舞うやしま 獅子とばやし子が剣を持って舞う剣の舞 ばやし子が扇をひらつかせ獅子と舞う扇の舞
獲物を口に咬わえ尻尾をたてるえひろい ささらや扇を持ったばやし子と獅子が舞う四方舞 全員がささらを持って獅子と舞う橋弁慶 獅子の両側で造花を持って舞う吉野がかり
花に酔い口から紙吹雪を吹く獅子にむらがる子ども