兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

田楽 [でんがく]
  田楽は、本来は田植えに際して踊った芸能である。平安時代から行われ、中世の村々の祭礼において広く行われた。鼓や締太鼓、ササラなどの楽器を持って踊るのを特色とする。兵庫県内では播磨東部と摂津北部・丹波地方に広く伝承されており、蛙跳びとかホウホウ踊りとも称されている。

お祭りの名称開催月 地域 伝承地住所
小野原住吉神社の蛙おどり(田楽)10月第1日曜
の前日
丹波住吉神社篠山市今田町上小野原30
御霊神社のホーヤホ踊8月9日・10日 阪神北御霊神社三田市貴志町美内1100
八王子神社の田楽舞10月10日阪神北 八王子神社三田市志手原町字324
稲荷神社のホーホウ踊10月14日阪神北 稲荷神社三田市福島字下竜王谷137
上鴨川住吉神社の神事舞10月4日・5日 北播磨住吉神社加東市上鴨川571
府中八幡神社の編木踊り(田楽)9月第1土曜 淡路府中八幡神社南あわじ市榎列小榎列161