兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

貴船[きふね]神社の方固[ほうがた]めと田楽
 多可郡多可町八千代区[たかぐんたかちょうやちよく]中村の貴船[きふね]神社では、10月10日に秋祭りが行われる。
 宵宮の9日、神社では紺地[こんじ]の油單[ゆたん]をつけた一頭二人遣[ににんづか]いの獅子が、頭を上下左右に振り境内を走り回る。ついで、鼻高面[はなたかめん]をつけたリヨンリヨの方固め[ほうがため]がある。リヨンリヨは赤色の鼻高面を被り、矛を持つ。矛先[ほこさき]を地面につけて後退[あとずさ]りをしたり、左右に動いて方固め[ほうがため]の神事を行う。
 続いて、田楽が行われる。太鼓を持った4人が横に並び、その前にビンササラを持った少年4人が向かい合って立つ。ビンササラは薄い板20枚くらいに細紐[ほそひも]を通して首に掛ける。太鼓の音に合わせて、胸のあたりで摺[す]る様にして「ゲーゲー」と声を出す。3回繰り返してビンササラが立ち、今度は太鼓が屈[かが]み腰で同じ様に「ゲーゲー」を繰り返す。
 本宮の10日、神輿[みこし]はお旅所へ神幸[しんこう]するが、ここでも昨夜と同様に方固めをし、次いで獅子神楽と田楽が行う。

頭屋の床の間に置いた甘酒の樽桶 お旅所に向う渡御の列 宵宮の獅子舞 リヨンリヨの方固め
太鼓と拍板での田楽 太鼓が屈み腰になり拍板が立ってする田楽