兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

大蔵谷の囃口ながし
 明石市大蔵本町の稲爪神社では、10月8日の例祭に囃口[はやくち]ながしが奉納される。
 秋祭りの宵宮、神社の桜門前に流しの船屋台[ふなやたい]を引き込む。囃子方は揃いの浴衣[ゆかた]に鳥追笠[とりおいかさ]を被り、三味線・締太鼓・摺鉦[すりかね]を持ち、その囃子で歌い手が歌い出す。祗園[ぎおん]ばやしで宮入りし、数曲奉納すると、町内に出て各家を門付けする。
 現在歌われている曲名はうぐいす・山づくし・赤づくし・魚づくし・ 豊年づくし・扇の由来の6曲である。

屋形船の屋台を曳き入れて賑やかに歌う囃口ながし