兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

大蔵谷[おおくらだに]の獅子舞
 明石市大蔵本町の稲爪神社[いなづめじんじゃ]では、10月8日から10日の秋祭りに獅子舞が行われる。
 獅子舞は宵宮の夕刻に宮入りをする。飾り付けた太鼓屋台と笛方2・3人が屋台の横に並ぶ。獅子は二人遣い[ににんづかい]である。ひよこま(ひょっとこ)、おたやん(お多福さん)、猿田彦[さるたひこ](天狗)は獅子が出るまで太鼓と笛の拍子に合せて舞い場の中を踊る。
 祭りの済んだ翌11日、獅子は町内の家々を回って荒神祓い[こうじんばらい]をする。獅子の曲目として えもの拾い・しらみ取り・一人寝・まわりまめ・きんかくし・楽[らく]あそび・腰のり・アブ追い・ひよこま追い・前足・おやまの道中・忍・逆立一人寝[さかだちひとりね]・夫婦獅子[めおとじし]・三人継ぎ獅子・早又[はやまた]が伝えられている。

ひよこまの頭天狗が踏む米つき 獅子が屋台の屋根で舞う檀尻の舞 逆立ちしたひよこまに獅子がからむ(逆一人寝) 獅子舞の三人継獅子
おやまの道中 逆一人寝