兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

上鴨川[かみかもがわ]住吉神社の神事舞[しんじまい]
 加東市上鴨川[かとうしかみかもがわ]の住吉神社では、10月4日と5日に秋祭りが行われる。
 10月4日の宵宮は、拝殿前では斉灯[さいとう]と呼ばれる大きな篝火[かがりび]がたかれる。神主・祢宜[ねぎ]によるお神楽が終わると、リヨンサンの舞・獅子舞・田楽[でんがく]・扇の舞[おうぎのまい]が行われる。
 5日の本宮は午後からリヨンサンの舞・田楽・扇の舞[おうぎのまい]・高足[たかあし]、そして、舞堂[まいどう]の前で能舞[のうまい]七番が奉納される。リヨンサンの舞は鼻高面[はなたかめん]を被[かぶ]り、鉾[ほこ]を持った龍王[りゅうおう]の舞である。田楽はガッソウを頭に被り、締太鼓かビンササラを持って踊る。扇の舞は開いた扇を持って左右に跳ぶもので、入り舞とも呼ばれる。
 翁舞[おきなまい]が終わると舞堂の中で「東[あずま]には女はないか男巫女[おとこみこ]」と歌うと、全員が声を揃えて「女はあれども、おかみのきらいで男巫女[おとこみこ]」と歌う。最後は赤褌[あかふんどし]を締めた子供が相撲をとって終わる。
 神事が総て終わると若い衆は道具類を担ぎ、大太鼓を打ちながら村に戻っていく。上鴨川の神事舞は若い衆・清座・年寄という年齢に基づいた組織により行われている。

映像
movie
本祭事の映像ムービーです。

亥の神に詣でる若衆 長床で盃事の酌をして回る年少者 斉灯に炬火を移す当屋八人 中央から勢よく燃え上る斉灯の火
鈴を持って舞う 鉾を持って舞う太刀舞(リョンサン) 鉾あずけたリョンサン 扇の舞
高足 田楽舞 万才楽 翁の舞
父の尉の舞 鈴を振って舞う巫女の舞