兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

網引[あびき]八幡神社の奉納獅子舞
 加西市網引町[かさいしあびきちょう]の網引[あびき]八幡神社では、10月9・10日に獅子舞が行われる。 
 獅子舞は宵宮と昼宮に行われる。早朝は各家の荒神祓い[こうじんばらい]をして回る。夜になると八幡神社前の広場に幕を掛け、囃子方の席を設ける。正面左から笛方4・5人、太鼓方は太鼓と締太鼓を1人で兼ねる。獅子は一頭二人遣い[ににんづかい]である。
 曲目は八嶋[やしま]・洞[ほら]入り・吉野・洞返し[ほらがえし]・幣[へい]の舞・幕切り・攻獅子[せめじし]・勇獅子[いさみじし]・花あそび・花がかり・剣の舞・谷渡り・歌獅子の13曲が伝承されている。

牡丹と唐獅子の幕の前に並んだ囃子方の笛と太鼓 毛槍を持つ獅子と舞 ばやし子が桜の花枝を持って獅子とたわむれる ささらを手にしたばやし子と獅子の舞い
白幣を持ったばやし子と舞う 横転して舞う 獅子遣いが油単の中で前後を入れ替る ささらを持った狐とお多福が夫婦和合を表す
低い姿勢でばやし子と舞う 桜の造花を持ったばやし子と獅子舞 花を噛んで花吹雪の様に吹き出す獅子 薙刀を持ったばやし子と獅子が剣を咬えて舞う
獅子が梯子の上で舞う谷渡り(雨天により室内) 袴をつけた獅子が歌と囃子に合わせてお多福と舞う