兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

常楽寺の鬼追い
 加古川市上荘町[かみそうちょう]井ノ口の常楽寺では、4月1日に大般若会の法要のあと鬼追いを行う。
 鬼は赤鬼・青鬼・小鬼がでる。木製の槌[つち]と斧、青鬼は木製の剣をそれぞれの腰に差す。
 鬼踊りは、まず護摩堂跡[ごまどうあと]で行い、終わると山を降りて本堂に向かう。本堂に入った赤鬼・青鬼は太鼓の音に合わせて堂内を巡る。赤鬼は腰から槌を抜いて両手で前に構え、掛声と法螺貝[ほらがい]や太鼓の音を拍子に餅搗き[もちつき]の所作[しょさ]をする。次いで槌を斧に持ち変え、餅切りの所作をする。最後に、世話役が本堂の仏前から鬼の花を取り出し、一枝づつ折って参詣者に投げ与える。

親鬼の面、赤鬼と青鬼、鬼の採りもの 小鬼の面、赤鬼と青鬼 唐櫃の蓋の墨書 牛王宝印を挟んだ般若杖
花立てに飾られた鬼の花 肥松の根を細く割って作った鬼の松明 檀家に配る祈祷札と紅白の餅 採りものを背に差し般若杖をついた親鬼
裏山の護摩堂跡で揃って松明を振る 親鬼と子鬼が揃って山を降り本堂に向う 鬼の花を飾った本堂で法要を営む 松明を振って踊る
炬火から移した松明を受け取る鬼役と介添 介添役に手を借りて松明を振る親鬼 槌で鬼の餅搗きをする赤鬼 斧に持ち替え鬼の餅搗きをする鬼
本堂の縁から鬼の花の授与 鬼役も加わり境内での餅まき