兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

大宮[おおみや]八幡宮の鬼追い式
 三木市本町[ほんまち]の大宮八幡宮では、1月の第3日曜日に鬼追いが行われる。
この鬼追い式は月輪寺[げつりんじ]の鎮守[ちんじゅ]であった八幡宮の観音堂で、正月7日の修正会結願法要[しゅしょうえけちがんほうよう]に行われていたと伝えられる。
 赤鬼・黒鬼と小鬼がでる。赤鬼は左の腰に斧を差し、黒鬼は左の腰に鉾[ほこ]を差し、それぞれ松明[たいまつ]を持つ。鬼の花は、紅白の色紙を桜の花型に切り、つつじの木の枝に無数につける。
 月輪寺[げつりんじ]の本堂で行われていた法要が終わると、赤鬼・黒鬼・小鬼は山伏の吹く法螺貝[ほらがい]の音を合図に鬼の花を手に八満宮の本殿に向かう。鬼踊りは境内[けいだい]の仮設の舞台で行なわれる。
 赤鬼、黒鬼は法螺貝が鳴る中、太鼓と半鐘[はんしょう]の音に合せて登場する。鬼の花を担ぎ、歩みに合わせて花の枝を勢いよく振る。赤鬼は舞台の中程に吊り下げた鏡餅を斧で餅切る所作をする。ついで、赤鬼と黒鬼が舞台の上で鏡餅ひと重ねを搗いて供え、餅まきをする。

月輪寺にある古い赤鬼の面 つつじの枝に紅白の花をつけた鬼の花 本堂の法要に参列した鬼役 鬼の花を手に出発の準備をする鬼
面付けを終り鬼綱をかけた子鬼 法螺貝を吹く行者の先導で宮に向う鬼の行列 神社の拝殿前で松明に火を移す世話方 肥松の根で作った火のついた松明を受け取る鬼
社頭で松明をあげる親鬼 神社の正面の石段で松明を回す赤鬼と黒鬼 石段横の鬼塚の前でも松明を振る鬼 親鬼と子鬼が揃って舞台に上がる鬼の列
鬼の花を肩にした鬼 松明を手に持って踊る親鬼 舞台の上で餅をつく厄年の鬼 鬼の花を担いで踊る小鬼の鬼踊り
鬼役の餅まき