兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

本郷[ほんごう]の春日[かすが]踊
 篠山市本郷の春日神社では、10月の第3日曜日の秋祭りに春日踊が行われる。
 踊りは中踊り子6人・がわ踊り子2名である。囃子は三味線・太鼓・拍子木[ひょうしぎ]である。
 宿[やど](区長の家)で衣裳をつけた踊り子は、出立ち[いでたち]の踊りをする。警固[けいご]に先導された踊り子は木遣節[きやりぶし]を歌って宮入りする。
 踊りは床几[しょうぎ]を4枚並べた上で踊る。踊りは「頭[かしら]」の拍子木の合図で始まる。一つの音頭の区切りの中で、左右2人が一組となり、扇を合せたり、座ったりの所作を繰返す。

出立ちの踊りを踊る ござむしろの上で二人一組で踊る踊り子と囃子方 2本の扇を持ち左右の踊り子と踊る兵庫くどき踊り 拍子木を持った踊の頭を先頭に手を継いで宮入りする踊り子
向かい合った拍子木の合図で歌い合せて踊る中踊りと側踊り 左右一組で床几の上で踊る奉納踊り 2本の日の丸の扇を組合せて踊る兵庫くどき 鉢巻姿の側踊りと一重結びの中踊り
本殿の方を向き踊り初めの姿勢で終る 警固の角行灯に導かれ手をつないで宮を降りる踊り子