兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

稲荷神社のホーホウ踊
 三田[さんだ]市福島の稲荷神社では、10月9日と10日にホーホウ踊(田楽)が奉納される。
 田楽の舞人[まいじん]は6人で、当番に当った家の跡継ぎが出る。衣裳は紺か黒の着物に浅葱小紋[あさぎこもん]の裃[かみしも]をつけ、侍烏帽子[さむらいえぼし]に紙垂[かみだれ]をつけて被る。
 田楽舞は神輿[みこし]へ神をうつした後、拝殿前の中庭で行われる。3人ずつが横一列に並び、上体をやや前にうつむき、ビンササラを摺[す]り、締太鼓を打つ。太鼓の拍子に合わせ「ホーホ、ホヤホ」などと唱えながら三歩前進する。次に「デンデンホ、デンデンホ」と唱えながら三歩後退する。同じ動作を3回繰り返す。田楽舞のあと、白扇[はくせん]を手にした舞人が、一人舞のカエルを舞う。

田楽舞の締太鼓と拍板 拝殿下の庭で太鼓を叩き拍板を摺る田楽舞 太鼓が前列で拍板が後 太鼓が座って打ち拍板は立って摺る
太鼓が立ち拍板は座って摺る 両方が立上り前後進を繰り返す 太鼓を叩き拍板を摺る田楽舞 お旅所に神輿を据えて神事を行う
神輿の前の太鼓打ちと舞人 扇を持ち前にとぶ舞人 神輿の前の地面に扇を置く 横に跳ぶ舞人
中央に跳び戻り扇を拾って終る 神輿の前の子供相撲 揃いの衣装をつけた獅子の囃子方 天狗がささらを持って獅子にからむ玉獅子
天狗の持ったまりを獅子がとり、ひょっとこと舞う玉獅子