兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

八王子神社の田楽舞[でんがくまい]
 三田市志手原[さんだししではら]の八王子神社では、10月10日の秋祭に田楽舞が奉納される。田楽舞は六人衆と呼ばれる人たちによって行われる。
 10日の午前中、御神幸[ごしんこう]が始まる頃、六人衆は拝殿[はいでん]下の参道に莚[むしろ]を敷いて田楽舞を行う。締太鼓は2人で、裃[かみしも]に白足袋[しろたび]をはき、頭に侍烏帽子[さむらいえぼし]を被[かぶ]る。腰に白扇[はくせん]と紙垂のついた榊[さかき]の小枝をさし、締太鼓を腰に付ける。舞人[まいびと]は4人で「ヂャキヂャキ」と呼ぶビンササラを手に持つ。田楽舞は太鼓1人の後ろに、ビンササラ2人が並ぶ。太鼓を打ち、ビンササラを摺[す]って踊る。

田楽舞の締太鼓と拍板 舞人が腰にさす 白幣のついた榊の小枝 参道石畳の両側にむしろを敷き太鼓を打つ 太鼓を叩いて三歩前後進する舞人 拍板を両手で摺って前後に三歩歩く
太鼓と拍板が二列に並んで前後進する田楽舞 六人が太鼓の拍子に合わせて拍板を摺る 体を前に倒して太鼓を打つ 体を前に曲げて拍板を摺る
田楽舞も終わり金幣などを持って神幸の列に加わる舞人 注連縄