兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

御霊神社[ごりょうじんじゃ]のホーヤホ踊
 三田[さんだ]市貴志[きし]の御霊神社[ごりょうじんじゃ]では、10月10日にホーヤホ踊り(田楽[でんがく])が行われる。
 貴志では五つの隣保[りんぽ]から十人衆を選ぶ。この十人衆が神輿[みこし]の駕輿丁[かよちょう]とホーホヤ踊りをする。
 9日の宵宮[よいみや]の夜、本殿背後の斜面に矢を立てる矢立て神事を行う。10日の本宮の午後、本殿右側に神輿[みこし]を据え、神をうつす。この時、割拝殿[わりはいでん]の通路にビンササラを持った4人が二列に並び、その後に締太鼓が2人が並ぶ。本殿を向いた6人が合の手の合図で「ホーヤホホホ」と声を掛け、ビンササラの両端を持って摺[す]る。
 神輿と太鼓屋台は、境内[けいだい]を威勢よく練り、太鼓の先振れ[さきぶれ]でお旅所[たびしょ]へ向う。お旅所でもホーヤホ踊りを奉納する。神輿は還御[かんぎょ]すると、十人衆は本殿前の右方の玉石の上に締太鼓一つを置き、その上にバチとビンササラを重ねる。蛙[かえる]とび(三角跳び)が始まり、直衣[のうし]の前紐[まえひも]を解き、紐を持って前かがみで低い姿勢から、太鼓の拍子に合せて体を起こし、紐を少しづつ持ち上げて、反身[そりみ]になる。
 酒に酔った踊り手による蛙とびは参拝者をひきつけ、その間に密かに神輿から本殿に御霊[みたま]を移し、行事を終える。

田楽舞のある御霊神社の本殿 田楽舞に使う締太鼓と拍板 社殿の裏山の斜面に差し込んだ矢 神輿に御霊移しの間割拝殿で太鼓を打ち拍板を摺る舞人
神幸の列に加わり参道を練る神輿と屋台 御旅所で神輿の前でホーヤホ踊りをする舞人 還御した神輿の横で舞う舞人 中腰で面白可笑しく紐を振る舞人
反身になって胸紐を肩の上に放り上げる舞人 太鼓の前を左から右へと跳んで元に跳び帰る舞人 余興に3人が出て紐を振る舞い人 田楽舞に人が気を取られている間に御霊移しをする