兵庫県立歴史博物館HPへ ひょうご歴史ステーションへ
このサイトについて Flashバージョンへ
前へ戻る

西方[さいほう]の大神楽[だいかぐら]
 丹波市氷上町新郷[ひかみちょうしんごう]の伊尼[いに]神社では、10月10日の例祭[れいさい]に大神楽が奉納される。
 この獅子舞は雌雄[しゆう]二頭で、一頭二人遣い[いっとうににんづかい]で、神楽方[かた]と尻持ち[しりもち]とで舞わす。幕[まく](ここでは油単[ゆたん]のこと)を後で束ねて手で持つ。
 囃子方[はやしかた]は太鼓、締太鼓、笛である。
 獅子舞の芸題は剣の舞・幣[しで]おどり・しんてい・三番叟[さんばそう]・おさんばやしがある。
 大神楽は10日の朝、西方地区の四つ辻で出立ち[いでたち]の舞を行い、神社へ向かう。二頭のうちの一組は神輿[みこし]の神幸[しんこう]につき、村回りをして荒神祓い[こうじんばらい]をする。

四ッ辻で天狗と獅子が舞うしんていの舞 伊尼神社の庭で奉納する剣の舞 町内の広場でする剣の舞 白幣と扇を持って舞う幣の舞
幣踊の最後に剣を持って舞う獅子 山崎街道に財布を懐に出て来る与一兵衛 与一兵衛に襲いかかり金を奪う定九郎の黒天狗 定九郎の黒天狗に襲いかかる獅子
鉄砲で射止めた獅子を天狗が見に出て来る おさん囃子で天狗が獅子にからみ獅子は口から紙吹雪を吹く 獅子が最後に天狗の笹を取り天狗と道行きをする